2005-08-01-02-「倦」という字をしばし眺めて - project-enigma

2005-08-01-02-「倦」という字をしばし眺めて

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2005年08月のlog >> 2005-08-01-02-「倦」という字をしばし眺めて

最終更新日付:2013/12/31 07:51:01


「倦」という字をしばし眺めて

2005 年 08 月 01 日

ため息をつく。明らかに倦んでいる。何の話かといえばやっぱり昨夜書いたこと。5作目には新しい挑戦がないのでいまいち回転数が上がっていかないのだ。

昨夜は Jim McCarthy を引き合いに出したので、今日は Edward Yourdon にしておこう。彼は著書「デス・マーチ」の中でこう書いている。ちょっと長いが引用する。

「給料、福利厚生、快適さなどは、プロジェクトの「公衆衛生」のようなものだ。存在しないと不満を感じるが、あるからといって仕事を楽しいと感じることはない。やる気を起こすのは、達成感、良い仕事をしているというプライド、責任感、向上心、自己成長欲なのだ。鍵は、仕事を魅力的なものにすることにある。」

...挑戦や、リスク、困難といったものは逆の意味でよく似ていると思う。大きすぎては萎縮してしまうが、まったくないのも問題だ。目をつむっていても歩けるような安全な道を歩いていれば不安はない。すべては予測可能で、安心していられる。しかし、わくわくするようなことも決してないのだ。

 

コメント

このページにコメントする

 

このページのタグ

Page tag : Palm

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.