2005-10-16-02-Treo650、そして T|C 後継を思う - project-enigma

2005-10-16-02-Treo650、そして T|C 後継を思う

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2005年10月のlog >> 2005-10-16-02-Treo650、そして T|C 後継を思う

最終更新日付:2014/01/07 18:16:45


Treo650、そして T|C 後継を思う

2005 年 10 月 16 日

最近、ウィークデーは Treo650 メイン、週末は Tungsten T5 メインという生活をしています。特に理由があるわけじゃないですし、いずれにせよ両方(+Zire72 も)持ち歩いているわけですが。まぁ PIM データをどっちに入れておくか、というだけのことですね。

で、最近の Graffiti とキーボードに関する話題や T|C 後継に関する話題について、ここらでごたまぜに書いておこうと思います。

まずはキーボードと Graffiti について。個人的にどちらが速いかははっきりしてます。Graffiti です。Treo650 のキーボードもかなり練習したつもりなのですが、どうしても Graffiti のスピードには至らない。Graffiti2 も慣れればなかなか乙なもんです(というか初代 Graffiti は忘れました)。記号とかが覚えられませんけどね。普通に日本語の文章を入れる分には問題ないレベルまで達してます。やっぱり自分にとっての Palm はスタイラス入力中心かなぁ...と思うわけです。

念のために書いておきますが、僕はキーボードデバイス否定派ではありません。まだ Graffiti を知らない Palm 初心者への訴求力という点ではキーボードデバイスの方が上だと思いますし、T|C も Treo650 も非常に面白いデバイスです。

でもって Tungsten C 後継。あの Treo650 から電話機能とアンテナを取り去ったら、いい感じに T|C 後継になるような気がするんですが、いかがなものでしょうか。電話機能を外せば、もうちょっと薄く・軽くなりそうなもんですし。MobilePLAZA で触らせてもらった T|C も思ったより厚くて驚きましたけどね。

余談ですが、Treo650 のアンテナ。あの日本国内では無用の長物であると言われるずんぐりむっくりのアンテナですが、あれはあれでいいと思います。ケースから引っ張り出すときにはいい「つまみ」になりますし。あれでツボを押したりエレベータのボタンを押したりはまだしてませんが、いずれするようになるかもしれません。気になるのは、仕事のときに取り出して予定とか ToDo を入力しだすと、「突然携帯電話をイジり出した」ように見えてしまうことですね。その他の Palm OS Handheld & スタイラスであれば「電子手帳」という認識をしてもらえるのですが...

 

コメント

このページにコメントする

 

このページのタグ

Page tag : Palm

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.