2005-11-11-01-【RPNToGo】第7回:ビット演算子事始め - 続き - project-enigma

2005-11-11-01-【RPNToGo】第7回:ビット演算子事始め - 続き

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2005年11月のlog >> 2005-11-11-01-【RPNToGo】第7回:ビット演算子事始め - 続き

最終更新日付:2013/12/31 07:40:17


RPNToGo】第7回:ビット演算子事始め - 続き

2005 年 11 月 11 日

毎度のこと読んでくださる方がいるのかどうか不安な RPNToGo のテクニック紹介。今回はビット演算子の残りを概観するということで、前回の続きとなります。残りは論理否定演算子と補数演算子ですね。あ、この2つはビット演算子でくくる必要もないですね...というわけで、今回は「残りの Hacker room の演算子」ということで。ではいってみましょ。

!演算子(論理否定)

単項演算子です。対象となる値が0であれば1に、0以外なら1にします。以上。

〜 演算子(補数)

単項演算子です。対象となる値の補数を計算します。細かい話は抜きにしますと、補数演算子は対象となる値と計算後の値の和が -1 になるような計算を行います。ビット演算という観点からは、全ビットを反転(0 <-> 1)するのですが、まぁそのへんは気にしないでもいいと思います。

 

...あ、終わっちゃった。これだけではナニですが、各演算子の詳細と面白いテクニックについては別途エントリをあげたいと思ってますので今日はこの辺で。

 

コメント

このページにコメントする

 

このページのタグ

Page tag : Palm

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.