2006-02-25-03-CLIE TJ25R が帰ってきた - project-enigma

2006-02-25-03-CLIE TJ25R が帰ってきた

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2006年02月のlog >> 2006-02-25-03-CLIE TJ25R が帰ってきた

最終更新日付:2013/12/31 07:39:37


CLIE TJ25R が帰ってきた

2006 年 02 月 25 日

何日か前の話ですが、SONY のサービスステーションから電話がありまして。液晶バックライトの修理の見積りが出ました...と。で、気になるお値段は...13,681 円なり。うん、予想を大幅に越えてます。大盛りですね。さすがに聞きましたよ。内訳はどうなってます? すると、液晶の交換とバッテリの交換...て、おい。バッテリの交換なんて誰も頼んどりゃせんがな。バッテリ交換無しだったら料金はどうなりますの? なに? 1,000 円安くなるだけ? この時点で『なんかもういいや』的な感じになりまして。じゃぁ液晶もバッテリもお願いしますと。

で、本日受け取りに行ってきたわけです。で、代金を払って受取って...伝票を見てふと気になって質問。『原因の周知はないの?』そりゃそうです。バッテリに関しては自然に劣化もするでしょうが、バックライトがつかなくなった原因については説明があって然るべきでしょうに。別に海外版でフレキケーブルの初期不良問題があったからといってそれを疑っているワケじゃありません。液晶の交換にも費用はかかるし、工賃もかかるでしょう。問題はそんなことじゃないのです。陰郎としては、原因が取り除かれたのかどうかを知りたいのです。また発生しうるかどうかを知りたいのです。液晶だけを交換しても、原因が残ったままならまた発生するかもしれません。そういう意味で、原因はなんだったのか、そしてそれが取り除かれたのかどうかを知りたいのです。これを読んでいるあなたもそう思うでしょう? しかし、カウンターで応対をしてくれた方は『すみません、詳細な記録がありません。』としか応えられない。ま、カウンターの人をイジっても仕方ありません。しかし、これだけは言っておきます。SONY よ、いい加減な仕事してると信用無くすぞ。

で、余談ですが、受取りついでに Mobile PLAZA に立ち寄ったわけです。今日は銀行口座から郵貯口座に現金を移そうと思っていたため、財布には普段では考えられないような金額が。ひとまず TX やら Treo 用のケースやら欲しくなるのをこらえて必要なもの(ケーブル類)だけ買ってきましたよ。ふぅ。

 

コメント

このページにコメントする

 

このページのタグ

Page tag : Palm

Page tag : 写真

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.