2006-04-06-02-【PipeWorks】 Side story - あとがき - project-enigma

2006-04-06-02-【PipeWorks】 Side story - あとがき

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2006年04月のlog >> 2006-04-06-02-【PipeWorks】 Side story - あとがき

最終更新日付:2013/12/31 07:39:30


PipeWorks】 Side story - あとがき

2006 年 04 月 06 日

まぁ、あとがきなんぞでお茶が濁ってくれると良いなぁ、と。いうわけで「恥の上書き」。なんてね。

Palm Magazine への初掲載、ということで浮かれた陰郎の頭に浮かんだ無謀な企画、それが今回の PipeWorks side story でありました。もともとは PipeWorks のいわゆる「難問」の模範解答を掲載したいなぁ、という願望が第一にあり、「長く伸ばすほど儲かる」という PipeWorks の一種の不条理に説明を与えてみたいという思いが第二にありました。幸いというかなんというか、PipeWorks のドキュメントは物語仕立てになってましたので、それのサイドストーリーで行きましょうと。3月に入ったあたりから既に書き始めていたのですが、結局連載が始まってからも公開直前まで加筆修正を入れまくっておりました。ひとまずはどうにかこうにか終わらせることができてほっとしております。読み返してみると、手直しをしたい部分がたくさんあるのですが、そこはそれ、一度サラしてしまったものはイジるわけにも参りません。

ちなみに、ジムの名前、「ウィルキンソン」は、陰郎の大好きなウィルキンソン・ジンジャーエールから拝借しました。飲んだことのない方は Segafredo zanetti でジンジャーエールを頼むと出てきます。ドライじゃなくて辛口の方ね。お試しあれ。MobilePLAZA 近くにも末広町店がありますよ。あとは成城石井なんかでも販売しております。ビンなのでちょっと重いですが。

次に財務のテッド。彼は、このサイドストーリーにだけ登場する人物です。脇役ですが、重要な役をこなしてもらいました。名前を考えるのが正直ツラかったので、漫画「ディルバート」に登場する財務のテッド・グリフィンから拝借しました(普段出てくるテッドとは多分別人です)。で、ピノフスキという名前は...これは内緒です。(笑

ともあれ、この企画の発端となった Palm Magazine 永久保存版の出版、および我が project-enigma の作品を掲載頂いたことに改めて感謝したいと思います。自分で作っておいてナニですが、PipeWorks 難しいです。でも面白いです。最近は自分で作ったはずの面が解けません。

最後に、このサイドストーリーから、なにやら思想めいたものを感じとる方もいるかもしれませんが、PipeWorks を楽しむ上ではあまり気にせず、配管の仕事に集中してください。確かにこの物語は作者である陰郎の職業観をモロに反映していますが、別に皆さんにそれを押し付ける気はないので。 ;-)

それでは、次のリリースでお会いしましょう。

 

コメント

このページにコメントする

 

このページのタグ

Page tag : Palm

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.