2006-05-29-01-もっともっとedgeに! - project-enigma

2006-05-29-01-もっともっとedgeに!

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2006年05月のlog >> 2006-05-29-01-もっともっとedgeに!

最終更新日付:2013/12/31 18:43:18


もっともっとedgeに!

2006 年 05 月 29 日

最近、思うところがありまして、はい。

開発者というのは結構短命です(生物としての寿命ではなく、開発者として頑張れる年齢ね)。現在 31 歳の陰郎が、あと何年くらい前線にいられるか、正直わかりません。結構無茶する方なので、思いのほか短いかもしれません。

じゃ、無理せず長く続けろよ、といわれるかもしれませんが、たぶん陰郎には無理です。そういうスタイルなんです。そして、決して長くない期間しか頑張れないなら、せめてその間だけでもギリギリのところで頑張っていたいんですね。もうエッジのギリギリのとこ、あと半歩で向こう側に行っちゃうような、そんな感じで頑張りたいのです。抽象的ですね。上手く表現できなくてごめんなさい。

そういうわけなんで、陰郎は少し変わろうと思っています。具体的にどうなるのかは自分でもわかりませんが、もっともっと「開発者としての活動」に集中したいんです。それが、ひょっとしたら結果として「付き合いの悪いヤツ」とか「コメントに反応しないやつ」みたいなカタチで表に現れてしまうかもしれません。あるいはこの日記に「開発者にしかワカラナイようなコトばかり書く」とか、「更新そのものが滞る」とか、そんなこともあるかもしれません。正直に言って、この日記に書くことを考えるのも開発の妨げになる日があるんです。陰郎はいわゆるブロガーではありません。陰郎が本来書くべきなのはソフトウェアであって、日記や活字ではないんです。沢山の Palm ユーザーが Web 上で(ブログであろうが直書き HTML であろうが)情報交換をすることで Palm 界に貢献するように、開発者はソフトウェアを書くことで貢献するんです。陰郎は今の自分の開発者としての活動に満足していません。どうやったら満足できるのかすらわかりませんし、ひょっとしたら「気の持ちよう」なのかもしれません。どんなに頑張ったってこれ以上は無理なのかもしれません。でも、自分が納得できるまでやってみたいんです。

陰郎は特に Palmware に専門特化した開発者として自分を認識しているわけではありませんが、ひとまずのところ Palmware 開発にもっともウェイトを置いています。Palmware の開発を始めたのが 2005 年4月ですから、現在の Palmware 開発者の中では最後発組に分類されるでしょう。最低でも、次の世代の Palmware 開発者が揃ってくるまでは頑張り続けたいと思っています(もちろん可能ならばその先もずっと)。

以上。

 

コメント

MA-CY - 05/29/2006 08:34:35 AM

なんか分かるような気がします、その気持ち。

自分の存在意義を感じる場所で、めいっぱいがんばってください。それが自分にとっても、周りにとっても、一番良いのだと思いますから。

陰郎 - 05/29/2006 10:55:35 PM

> MA-CY さん

コメントありがとうございます。いろいろと悩むことが多いんですが、ひとまず大上段に構えてみました。先のことは誰にもわからないものですが、まぁやれるだけやってみようと思います。

このページにコメントする

 

このページのタグ

Page tag : 開発

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.