2006-06-11-01-めずらしく、開発でない話 - project-enigma

2006-06-11-01-めずらしく、開発でない話

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2006年06月のlog >> 2006-06-11-01-めずらしく、開発でない話

最終更新日付:2013/12/31 07:39:19


めずらしく、開発でない話

2006 年 06 月 11 日

こんばんは。ワールドカップ何処吹く風の陰郎です。あ、もちろん project-enigma も日本代表を応援しておりますよ。陰郎は愛国心に溢れておりますからね。日本代表頑張れ! ...と 86,400 秒に1回くらいは思います。でも試合は見ません。だって陰郎宅にはテレビがありませんからね。見たくても見られないのです。「PC で見られるんだろ?」って? ご名答。陰郎の PC には TV チューナーがついております。でもね。アンテナ線を繋いでないんだなこれが。「テレビあっても見ないくせに!」という突っ込みに対しては笑顔で話題を変えることにします。にっこり。

さて(本当に変えるらしい)、それで思い出しました。NHK 受信料支払いに関する法制化だか義務化だか、世の中の流れに疎い陰郎には判然としませんが、あれって今どういう状態なんでしょうかね。陰郎としては国営放送あってしかるべしと思っておりますし、受信料を別口で徴収したりするから払う人と払わない人が出てきて話がややこしくなるんだと思っております。かく言う陰郎も払っておりませんが。だってテレビ持ってませんからね。テレビを設置すらしていないのに受信契約を結ぶいわれはありません。

そういえば、NHK から一度集金に来たことがありました。「うち、テレビは置いていないんですが」って言ったら、あっさり帰ろうとしたのでこっちがビックリしまして。 ...ちょっと待って。今の本当に信じたの? まさかね。このままじゃ嘘ついて追い返したみたいだから、ちゃんと家に上がって確認して行ってよ...って、ホントに引き止めて言ったのです。大真面目に。しかし相手は頑として譲らず、そのまま帰ってしまいました。何だったのだろう? 家の中におびき寄せてからクレームのネタにするような人間に見えたのかな?

あ、念のために書いておきますけど、陰郎は NHK の番組は別に嫌いじゃないですよ。時間の無駄になるばかりか知能に悪影響を及ぼしそうな民放よりもはるかにマシです。陰郎もテレビを見られるほど生活に(時間的な)余裕があれば受信料も払うでしょうしね。

ちなみに、テレビを一切見ない人間の立場から、あえて受信料義務化に関連してこう言い放っておきます。「所得税かなんかの直接税に含めて徴収しちまえ!」と。当然陰郎は見てもいないのに受信料を取られることになるわけですが、それくらい公平なら陰郎は文句言いませんよ。協会とか言ったって事実上は国営放送なんだし、どうせほとんどの世帯はテレビを見ているんです。合理的じゃありませんか。見てるのに払ってない人が現在ゴマンといるわけですが、それがごくわずかな「見てないのに払わされる人」に入れ替わるわけでしょ。全体の利益にも適うんじゃないでしょうかね。なんて書くとまた国家アレルギー患者たちが騒ぐかもしれませんが、何かと一緒でつける薬がないのが残念です...あ、あとは NHK の集金担当者も騒ぐかも。(笑

 

コメント

このページにコメントする

 

このページのタグ

Page tag : 日常・非日常

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.