2006-08-15-01-ひとつだけ言っとく - project-enigma

2006-08-15-01-ひとつだけ言っとく

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2006年08月のlog >> 2006-08-15-01-ひとつだけ言っとく

最終更新日付:2013/12/31 07:39:13


ひとつだけ言っとく

2006 年 08 月 15 日

毎年、この日になると年中行事のように日本の内外で騒ぎが持ち上がる。さまざまな声を上げる人々や団体、国などの主張についてとやかく言うつもりはない。陰郎自身、このトピックについては自分の考えを持ってはいるものの、以前から言っているとおり project-enigma はソフトウェア開発者のサイトである。従ってこの場で陰郎自身の考えを述べることはしない。しかし、ひとつだけ言っておくべきことがあると思ったため、このエントリを書いた。それはなにか。要するに、以下の一言だ。

当日になってから騒ぐな。

賛成とか反対とか、肯定とか否定とか言いたいのではない。本当に自分(たち)の信念に基づき、正しいと信じることを実現したいのであれば、あらかじめ必要な議論や行動を重ねて結論なり合意なりに達しておけ、と言いたいのだ。どいつもこいつも当日になってから騒ぎ立て、数日たてば忘れてしまう(少なくとも陰郎にはそう見える)。そんな体たらくだから、マスコミは1日分のニュースのネタにするだけ、近隣諸国は外交交渉のカードにするだけ、野党は与党糾弾のネタにするだけ...なんて揶揄されるのだ。本気で何かを実現したいなら、ちゃんと勝つ準備をしてコトに当たれ! 何の準備もなく当日を迎えてから騒ぐだけだったら、単なる示威行動とみなされても仕方ないだろう? 陰郎自身の思想信条はひとまずのところさておいて、そんな幼稚な騒ぎを見て真剣に考えるほどイマドキの若者は馬鹿じゃないはずだ。せいぜいがシラけた反応を示すのが関の山だろう。単なる示威行動でないのならば、逆効果にしかならないのだから、もうちょっと考えて具体的な方法と行動をとってほしいと思う。

 

コメント

このページにコメントする

 

このページのタグ

Page tag : 雑感

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.