2006-10-09-01-RHODIA と ダックノート - project-enigma

2006-10-09-01-RHODIA と ダックノート

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2006年10月のlog >> 2006-10-09-01-RHODIA と ダックノート

最終更新日付:2013/12/31 07:39:12


RHODIA と ダックノート

2006 年 10 月 09 日

丸善丸の内本店に行ってまいりました。

この日の目的はこちら。RHODIA であります。4Fのステーショナリコーナーに置いてありました。

いろんなサイズがあるんですね。陰郎としては「ワイシャツの胸ポケットに入ること」が条件でしたので、小振りなモノを選びました。せっかくなのでケースも。これで使う楽しさと喜びがアップします。

で、卓上で使う大きなサイズのモノも...と、思ったところ。RHODIA の上に 「 ダックノート 」 なるモノが置いてあります。麻貼りの表紙の質感に触れた瞬間、心を奪われてしまいました。

説明書きを見てみると、職人による時間をかけた手作りなんだそうです。作成に一ヶ月以上も要するのだとか。丸善のネットショップから、勝手ながら引用させていただきます。

ダックノート(ダックとは英語で帆布の意味)はすべて手作り、まさに職人の熟練された技の結晶です。本文紙はフールス紙と呼ばれるインクが滲まず、万年筆の書き味も良い紙を使用。「本かがり」という製本方法で、長年使用してもページが抜け落ちにくくなっています。背の部分は熟練の職人が背中を木槌でたたき丸みを出しており、ページが開きやすく持ったときしっくり感があります。よれたり型くずれが少ないので保存効果も高く、俳句や日記を綴ったり、研究用のノートとしてご愛用ください。

...嗚呼、もうダメです。活用できるかどうかなんて考えてる余裕ありません。もうリスペクトの想いだけで買ってしまいました。ノート一冊に ¥2,100 は高いかもしれませんが、久しぶりに「手にする喜び」みたいなものを感じさせてくれる買い物でありました。

 

コメント

このページにコメントする

 

このページのタグ

Page tag : 日常・非日常

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.