2007-02-14-01-長く、壮大で、かつささやかな開発 - project-enigma

2007-02-14-01-長く、壮大で、かつささやかな開発

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2007年02月のlog >> 2007-02-14-01-長く、壮大で、かつささやかな開発

最終更新日付:2013/12/31 07:39:03


長く、壮大で、かつささやかな開発

2007 年 02 月 14 日

...最近は調子がいい。

毎日、少しずつではあるものの、順調に開発が進んでいる。相変わらず目標のリリース時期に間に合うかどうかはわからないが、それでも着実に前進しているという感覚は気分を落ち着かせてくれる。たとえ激しい睡眠不足の中ででも。まだまだ先は長い。そして今回の計画は壮大だ。やっていることはささやかだけれども。

今日、作成中の Palmware のソースファイルの数が 100 を超えた。まぁ C++ だからというせいもあるが、陰郎のアプリの構成の仕方はとにかくファイル数が多い。もちろん、1ファイルあたりの行数は少ない。複雑性を制御する方法として陰郎がとっている方法はそれだ。アプリの規模ではなく、複雑さの度合いによってファイル数が増減する。以前調べた結果を忘れてしまったのだが、PipeWorks で 110 ファイルだったのがこれまでのPalmware で最多ファイル数だった。現在作成中の Palmware はまだ半分もできていないのに 100 ファイルを超えている。規模も複雑さも、間違いなく過去最大になるだろう...

過去の記録を調べてみると、見つけることができた。2007/01/13 のエントリだ。1ヶ月ほど前に「70 ファイルを超えた」と書いている。ということは、1ヶ月でほぼ30ファイル増えているのか。ということは...いや、単純計算はやめよう。(笑

 

コメント

このページにコメントする

 

このページのタグ

Page tag : Palm

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.