2007-05-25-01-未知との遭遇 - project-enigma

2007-05-25-01-未知との遭遇

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2007年05月のlog >> 2007-05-25-01-未知との遭遇

最終更新日付:2013/12/31 07:38:26


未知との遭遇

2007 年 05 月 25 日

数日前の話。

会社従業員になる関係上、住民票の写しを 『買い』 に、区役所へ。番号札を吐き出す機械のボタンを押し、しばし待つ。

自分の番号が呼ばれた。窓口へ行き、要件を伝える。住民票の写しを2通お願いしたい、と言ったところ、思いがけない応対で迎えられた。

『申請用紙はお書きになっていませんか?』

...は? えぇ、書いていませんよ。これから書くんでしょ?

『申請用紙を書いてから、番号札を取ってお待ち頂くようになっております。』

(真剣に疑問を感じつつ周りを見廻して)...そんなこと、どこに書いてあるんです?

『いえ、申請用紙を書いてから番号札を取ってお待ち頂いた方がスムーズに手続きが行きますよね。』

(さすがにカチンとくる)...いえ、私が聞いているのはそういうことじゃなくて、そのような手順の指示がどこに書かれているのか、ということです。

『いえ、ですから...まぁ、今はそれほど混み合ってはいませんから、今からお書きになっていただいても大丈夫です。ではこの用紙にお書きになってお持ちください。』

...まったく噛み合わない。まさに未知との遭遇である。なまじ表面的には同じ言語で会話できているからこっちの方が厄介かもしれぬ。区役所に勤める役人達が皆あのように知的(あるいは論理的)に毀損していないことを切に願うばかりだ。

 

コメント

このページにコメントする

 

このページのタグ

Page tag : 日常・非日常

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.