2007-07-29-01-今、日本の Palm に必要なもの - project-enigma

2007-07-29-01-今、日本の Palm に必要なもの

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2007年07月のlog >> 2007-07-29-01-今、日本の Palm に必要なもの

最終更新日付:2013/12/31 07:38:20


今、日本の Palm に必要なもの

2007 年 07 月 29 日

まぁ、そんなことを考えた。

アプリ面では、やはり日本語が通らないものを通せるようにするのが一番最初に来ると思う。でも、Web ブラウザやメールってどう考えても現時点では携帯電話を使うほうが楽だ...とはいえ、ある日突然 Treo が日本で携帯電話として使えるようになったら、やっぱりそれで Web やメールをしたいと思うだろう。そういう意味では、やはり日本語が通るアプリがあるのが望ましいとは思う。それ以外のアプリでは、ほとんどが現行モデルへの追従が主題になると思う。つまり、Palm OS 5 で動作しないとか、5 Way ナビゲータに対応していないから使い勝手が悪いとかの対応だ。Palm は確かにソフトウェア資産の量は多いから、イチから作らなければならないようなモノは少ない。

では、アプリを離れて開発サイドから考えてみよう。まず必要なのは、PODS を使用した開発ノウハウの体系化だろう。あとは、これから開発を始めるという人にとっては(そうでない人にとってもだが)日本語の開発ドキュメントがあったら非常に役に立つだろう。「 餌を与えるのではなく、餌の取り方を教えよ 」 という話があるが、「 アプリを作るのではなく、アプリの作り方を広めよ 」 というところだろうか。

次に、ユーザー。減少傾向にあるという意味では、ユーザーもまた 「 Palm に必要なもの 」 のひとつだ。質を落としてまで増加してほしいとは思わないが、そもそもユーザーがいなければ開発者としては開発をする甲斐もない。しかし現状を考える限り、ユーザーを増やすというのは大変なことだ。そう考えると、地道にユーザーサイドで普及に努めている方というのは開発者よりもよほど大変な努力をされているんだな...と思う。

最後に、ハード。こればっかりはユーザーやアプリ開発者の側からはいかんともしがたいと思う。しかし、魅力的なハードはやはり購入意欲をそそるものだ。iPhone だって、日本で使えないというのにあれだけの人々が乱痴気騒ぎ(失礼!)に明け暮れているではないか。個人的には、あれだけクローズドなプラットフォームにはまったく魅力を感じないが、それでもハードウェアとしては 「 やるなぁ、いいなぁ 」 と思ってしまう。Palm にもそんなふうに思わせてくれるものが出てほしいと思う。もうひとつは、あくまで「 日用品 」 の路線を行く質実剛健なローエンドのハンドヘルドだ。1万円を下回るくらいの価格で、「 ちょっと使ってみようかな 」 という感覚で購入できるものがあれば、それだけで( まだいればの話だが )潜在的顧客を刺激できると思うのだ。だからハンドヘルドの路線も。是非。

 

コメント

このページにコメントする

 

このページのタグ

Page tag : Palm

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.