2007-09-29-01-陰郎のDA全部に共通するバグ - project-enigma

2007-09-29-01-陰郎のDA全部に共通するバグ

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2007年09月のlog >> 2007-09-29-01-陰郎のDA全部に共通するバグ

最終更新日付:2014/01/01 13:39:49


陰郎のDA全部に共通するバグ

2007 年 09 月 29 日

やっぱり対処しなきゃなぁ...というのが実際の感想。

先日リリースした CashMemoDA に関して、cooldad さんより 「 ATOKのアイコンが日付の上に重なってしまう場合がありますね 」 との指摘をいただいた

ATOK のアイコン。すなわち Graffiti Shift インジケータである。これ、実はCashMemoDA に限らず、陰郎が過去にリリースした DA のほとんどすべてに共通するバグなのだ。Graffiti Shift インジケータがないような DA では見た目にはわからないというだけのことなのだ。

そして、実はこのバグ、単に Graffiti Shift インジケータだけの問題ではないのである。実はもっと重大だったりするのだ。「 おかしなところに表示される 」 という Graffiti Shift インジケータの位置、その位置は、「 その DA を画面の一番左上に移動した際に Graffiti Shift インジケータがあるはずの位置 」 である。では、CashMemoDA で、「 その DA を画面の一番左上に移動した際に種別指定ポップアップトリガーがあるはずの位置 」 をタップしてみてほしい。画面外をタップすれば DA は終了するはずなのにそうはならず、DA の外側でポップアップリストが表示されるという不思議な状態になるはずだ。この事象は DA 起動後に一度でもウィンドウをドラッグすると発生しなくなる。同じことは陰郎の別の DA 作品でもやはり起こる。

この問題にはずいぶん前から気づいてはいたが、イマイチ原因がつかめなかったために今日まで放置してきたものだ。しかし、やっぱりなんとかしなければならん。というわけで調査したところ、DA 用に使用している簡単なフレームワークに問題があることがわかった。修正方法もだいたいわかったのだが、ここからが問題なのだ。フレームワークを修正するということは、それを使用している DA 作品をすべて修正するということである。陰郎がこれまでリリースした DA は BracketsDACashMemoDAConvertDAListMakeDAReplacedDATagCopiDA である。そのうち BracketsDA は問題のフレームワークを使用していないため、例外として、あと5本もあるのだ。

いや待てよ。5本しかないのか。じゃすぐできるな...(どっちだよ)

 

コメント

cooldad - 09/29/2007 05:56:29 PM

陰郎さん、お仕事を増やしてしまったようでスミマセンでした(^_^;) フレームワークを修正すればよいというとこまで分かったようですね。

さて、このエントリを拝見して陰郎さん作の他DAの存在を知りましたので、それらもまた使わせていただくかもしれません

陰郎 - 09/29/2007 08:15:11 PM

> cooldad さん

いえ、仕事が増えたのではなく、ずっと前からある仕事をサボっていたのです。(汗

...というわけで修正しました。4つのDAをひとまず。あと1つ、ReplacedDA というのがまだなんですが、こいつは Draggable なだけでなくウィンドウサイズも変化するため、ちょっと厄介なんです...なのでこれはひとまず保留です。(涙

このページにコメントする

 

このページのタグ

Page tag : Palm

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.