2007-12-07-01-再び受難の話 - project-enigma

2007-12-07-01-再び受難の話

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2007年12月のlog >> 2007-12-07-01-再び受難の話

最終更新日付:2014/01/01 18:01:36


再び受難の話

2007 年 12 月 07 日

前回はプチサスペンス(?)でしたが、今回は...なんていうかアレです。

たぶん先週末。自宅でなにやら間食をしているとき、なんだか舌の上に軽い痛みを感じていました。どうも粗忽なのか何なのか、咀嚼作業中に舌や口内を噛んでしまうことがままあるため、口の中は日常的にどこかしら痛かったりします。なのであまりに気にしていなかったのです...が。

その日その時は少し違いました。なんだかおかしい。食べているうちに、こう、舌の上にしこりのようなものができているような感覚が発生。おかしいな...と思っているうちになんだか舌の上でどんどん大きくなっていくではありませんか。リアルタイムに舌の上で何かが成長していく。距離にしたら目から15cm程度とはいえ、鏡でもなければ口の中というのは見えません。怖えぇ。すげぇ怖えぇぇぇ!

さすがに食べるのをやめ、舌を口の内壁に触れさせて感触を確かめます。確かになにかあります。小豆くらいの大きさでしょうか。指で触れてみようかと思いますが恐くてひとまずやめておきます。だって人面瘡とかだったらどうすんのさ。この舌がモノを喋るんです、ってうまく手なずければ腹話術とかできたりして。あと一人で二人分同時に喋るとかね、って何言ってる。

とにかく恐くて触れませんが、「 恐いもの見たさ 」 の方はなんとか稼働中でして。鏡の前にいって恐る恐るあかんべーしてみます。するとまぁ、なんでしょうか。舌の上にホントに小豆のような大きさの 「 血マメ 」 ができているではありませんか。色もまんま小豆の色であります。べつにつぶあんのお菓子を食べていたわけでもないし、一体全体どういうわけでこんなものができるのか。よくはわかりません。そしてこの先どうして良いかもわかりません。しかし、舌の皮(?)は結構丈夫なようで、ちょっとつついたりしても破れません。

しかしまぁ、放置して不意に破れて口中血まみれとかは御免こうむりたいものであります。というわけで鋭利なものでつついて破ることに。しかしこれが結構勇気がいります。そもそもそんな鋭利な器具(なにを使ったかは聞かないでください)を口に突っ込むのだって嫌なのに、それで舌を突くんですぜ旦那。痛くないはずと分かっていても微妙に腰が引けます。しまいには一人で鏡に向かってやっているのに 「 痛くしないで...」 とか言ったりして。あーもぅ。

そんなこんなで数分押したり引いたりを繰り返していたところ、なんとか破れました。ご注文どおり口中真っ赤であります。舌の上に鉄錆びの味が広がる広がる。しばらくして血は止まりましたが、案の定数日もしないうちに皮がはがれてしまい、今日現在に至るまで舌の上には直径 8 mm はあろうかという大きなクレーター状の口内炎(?)が残っておるのです。食事はさながら苦行のごとし。痛いよぅ。

 

コメント

一匹の黄色い猿 - 12/08/2007 03:22:33 AM

舌の上にホントに小豆のような大きさの 「 血マメ 」

  つ[それってヤバくね?]
  つ[つか、その場所、噛んだの?]
  つ[味蕾は確実に破壊されてるな…orz]
 
  つ[手足に出来た血マメも、破れなければ毛細血管が血を回収]
  つ[代謝に任せた方が良かったのかも(今更)]
  つ[不意に破れるのが嫌なのは判るが、舌は粘膜組織でもある]
  つ[抗生物質塗っても、すぐ溶け出すから効力低いし…]
 
  っ[何にせよ、交換部品はないからお大事に]

陰郎 - 12/08/2007 03:44:20 PM

> 一匹の黄色い猿 さん

>>それってヤバくね?

言わないで下さいまし...(汗

>>つか、その場所、噛んだの?

多分、噛んだのではないかと思ってますが、真相は闇の中です...

>>手足に出来た血マメも、破れなければ毛細血管が血を回収
>>代謝に任せた方が良かったのかも(今更)

あー、なんか血が中で固まってそのままになるのを勝手に想像しておりました。自然治癒するなら破らない方が良かったかもしれないですね...破れないように食事に気をつけなければなりませんが、今現在の痛みに耐えている状況を考えれば、そっちの方が良かったかも...(汗

一匹の黄色い猿 - 12/09/2007 01:10:24 AM
  つ[ついでなので手足に出来た血マメの消え方講釈w]
  つ[衝撃等で破壊された血管からの出血が流出できない]
  つ[層になっている皮膚の隙間に血が溜まる→隙間が出来る]
  つ[隙間に溜まった血はジワジワと回収される]
  つ[隙間が出来てしまった以上、完全回収は不可能]
  つ[手などの場合、皮膚の隙間に黒い異物として残る]
  つ[代謝が進むと少し厚めの皮膚と一緒に剥がれ落ちる]
  つ[その頃には次の表皮になる部分が完成=痛みが少ない]
  _
  つ[舌の場合に同様かというと、疑問は残るが似たようなもんでしょ]
  つ[噛んだのでなければ…挟んだ?(どこにw]
  つ[食物に異物が入っていたのなら、傷があるのですぐ出血]
  つ[異物でなくて何より]
  _
  っ[刺身のツマに金属たわし片混入で死ぬかと思った猿]
  っ[食えない物、入れるな>魚屋]

陰郎 - 12/09/2007 11:35:18 PM

>一匹の黄色い猿 さん

>> 食物に異物が入っていたのなら、傷があるのですぐ出血

噛んで出血したけど表皮は破れずに内出血した...というのが真相ではないかなぁ...と想像しています。異物で傷がついたならたしかにすぐ出血しますよね。

>> 刺身のツマに金属たわし片混入

あー、読んだだけでなんか痛いです...(汗

このページにコメントする

 

このページのタグ

Page tag : 日常・非日常

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.