2008-01-13-02-【Japonica】既読情報管理のバグ - project-enigma

2008-01-13-02-【Japonica】既読情報管理のバグ

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2008年01月のlog >> 2008-01-13-02-【Japonica】既読情報管理のバグ

最終更新日付:2013/12/31 07:37:41


Japonica】既読情報管理のバグ

2008 年 01 月 13 日

昨夜、寝る前に Japonica をイジっていて気がつきました。フィルタリング機能と既読管理機能が絡んだ場合にバグが発生します。

具体的には、フィルタがかかっている状態で、画面上に表示している一覧の更新が発生すると、フィルタによって非表示になっている文書の既読状態がすべてクリアされます。すみませんものすごく初歩的なミスです。

どうしてこんなことが起こるかというと、既読情報のクリアはメニューから行うようになっているものの、それだけでは実行しなければ肥る一方なので、更新時に存在しないドキュメントの既読情報は削除するようになっているんですね。しかし、フィルタリング処理が先に動作する関係で、フィルタが動作していると既読管理の処理が勘違いをして既読情報を削除してしまう...と。

詰めが甘いと言われればそれまでですが、急いで直します。

── 追記 ──

このバグは、Version 1.30 にて修正されています。

 

コメント

このページにコメントする

 

このページのタグ

Page tag : Palm

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.