2008-01-19-01-ふたたびお買い物 - project-enigma

2008-01-19-01-ふたたびお買い物

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2008年01月のlog >> 2008-01-19-01-ふたたびお買い物

最終更新日付:2013/12/31 07:37:40


ふたたびお買い物

2008 年 01 月 19 日

ペリカンがアマゾンからはるばる届けてくれました。

いまさらな SD カードリーダーです。持ち運べるコンパクトなカードリーダーを持っていなかったので。あと 2GB の SD カードを一枚同時購入。

なんでいまさら、といいますと。陰郎はこれまで、作業中の Palmware のソースコードやら開発メモやらを USB メモリにいれて持ち運んでいました。職場と自宅の往復ですね。しかし、それだと通勤電車の中でその中身を読みたくてもできない。なので SD カード。読むだけなら Japonica 使えますしね。しかし、職場には SD カードリーダーがないので、これまで必要なときは Caplio R7 を SD カードリーダー代わりにしておりました。まぁそれもアレなので、いっしょくたに持ち運べるポータブルでコンパクトなカードリーダーが欲しいな、と。

しかし、冷静に考えると。最近は寒いのでめっきりデスクトップ PC の電源は入れずにコタツに入ってノートPCを使っています。そしてそのノートPCにはビルトインの SD カードスロットがあります。そう考えると、職場に置きっぱなしのカードリーダーを用意すれば良かったんだ...ま、いいか。(汗

しかし、最近はメモリカードの大容量化が激しいですねぇ...陰郎なんて、音楽プレイヤー代わりにしている Zire72 に挿さっているのが 1GB でちょうどいいかな...くらいで、あとは 256MB もあれば十分です。Caplio R7 に入れてるのなんて、128MB ですよ? ...かといって 256MB のカードなんていまさら売ってませんし、売ってたとしても 2GB の 1/8 の値段で売ってるわけありませんしねぇ...

カードが大容量になると、だいたい気持ちが緩みます。そしてクリティカルでないものまでなんとなく入れておいたりします。するとバックアップが億劫になります。サボっているうちに悲しい出来事が起こったりして、クリティカルなデータが失われたりデグレードしたりします。そうなるのはいたたまれないので、やっぱりカードは必要最低限の容量であることが望ましい...と思うのでした。バックアップ絡みについては書きたいことが他にもあるのですが、それは改めて。

 

コメント

このページにコメントする

 

このページのタグ

Page tag : PC

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.