2008-01-24-01-Inside Japonica - 14 - ブックマーク機能 - project-enigma

2008-01-24-01-Inside Japonica - 14 - ブックマーク機能

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2008年01月のlog >> 2008-01-24-01-Inside Japonica - 14 - ブックマーク機能

最終更新日付:2014/01/10 07:32:46


Inside Japonica - 14 - ブックマーク機能

2008 年 01 月 24 日

中2日あきました。Inside Japonica の第14回はブックマーク機能についてです。

ブックマーク機能は、デザイン作業のごく初期から必須機能としてあがっていました。本質的な部分で検討が難航したという記憶はほとんどありません。文書を読んでいるときにブックマークを保存する。あとからブックマーク一覧から指定すればその位置に戻る...それだけといえばそれだけですからね。

ただ、メモ帳データだけは文書のキーをどうするかでしばらく悩んだ記憶があります。Doc データベースはデータベース名がキーですし、カード上のファイルはファイルのフルパス名がキーになります。しかし、メモ帳は...? 最初はレコードインデックスにしたのですが、これはメモデータの削除によりズレることが判明。どうしたものか...と悩んでいたところ、レコード属性に Unique ID なるものがあることを知りました。これはレコードに一意な番号ということで、これで行くしかない、と思いました。まぁ知っていれば特に書き記すようなことでもないのですが、それまで Unique ID の存在を知らなかったので。

デザイン上のポイントとしては、文書一覧画面でブックマーク一覧を Doc データ、メモ帳データ、テキストファイルと並べて同一に扱ったというのがあります。陰郎自身もそうですが、ブックマークというのは人によってはヘヴィに使用するものですから、ボタンやメニューでワンクッション挟まるのは良くない、と。まぁ結果として透過的な使い勝手を実現できたと思っています。

もうひとつ大事な点は、ブックマークの「上書き保存」です。長い長い小説を読んでいるときなどは、ブックマークから開いて続きを読み進め、中断すべき時がきたらそのブックマークを更新したいはずです。そこで新しいブックマークを別途作成しようとする人は少ないでしょう。となると、この操作は簡単にできなければなりません。ブックマークは名前で区別されますから、ブックマークから開いた場合はブックマーク作成時に自動的に名前の初期値が設定されるようにしました。それ以外の場合はもともとの文書タイトル(というか一覧画面に表示される名前)が初期値になります。

これでオーケー...と思っていたのですが、まだ足りませんでした。たとえば、ついブックマークがあるのに普通の文書一覧から開いてしまった場合にも、既存ブックマークを上書き保存したいことがあります。また、複数の文書に分割されている文書なども、ブックマークは1つにしておきたいですね。極端な例ですが、陰郎はメールで配信されてくるニュース(1日3通)を MeDoc 形式のテキストファイルに変換してカード上に収め、読み終わったら削除...というのを繰り返しています。しかし、ブックマークは1つだけで、【News】○×新聞社などといったタイトルにしています。このような状態でも、普通に開いた文書をブックマーク保存する際、既存の(使い回しの)ブックマークを選択したいわけですね。

これを実現するために、いささか Palm らしくないとは思いつつも、「選択」ボタンを用意してポップアップリストから選択、という機能にしました。これにより、ブックマーク保存画面から既存ブックマークの一覧にアクセスできるようになったわけです。これは陰郎自身毎日必ず使用している機能であります。

ブックマーク機能の今後ですが、いまだに正式に却下しないでいる機能案として、「ブックマークへの表示設定の保存」というのがあります。これは、ブックマークに位置情報だけでなく、ブックマーク作成時の表示設定も保存してしまおう、というものです。これにより、たとえば小説では縦書き、英語の文書では横書き、などといった複数の文書のブックマークを交互に開く場合でも快適になるでしょう。

しかし、です。「それは本当に必要な機能なのか?」 という点でイマイチ自信がありません。その機能が必要ない人にとっては、単なる余計なおせっかいになる可能性があります。新しい機能を追加する場合、それを必要としない人の邪魔をしないこと。これは陰郎にとって非常に重要な原則です。そして、好みの表示設定を2つ登録しておける機能が追加されたことで、ブックマークへの表示設定保存は「ほぼ却下」という状態に置かれたのでした。

もうひとつ、リリース後にいただいた改善要望として、「ブックマークとは無関係に各文書の最終表示位置情報を保存する」というものがあります。いわば文書単位に管理される暗黙のブックマークということになるのですが、これも先の原則に照らしてみると悩ましいところです。PooK にはその機能があるらしいのですが、①そもそもブックマーク機能があるのに必要なのかとか、②他のアプリから文書が削除される可能性を考えると削除タイミングが無いため、長期的には管理情報が肥大化するとか、まぁいろいろ仕様面で悩んでいるような次第です。

最後に、いまさら思い出したバグ情報。Doc データとテキストファイルで利用できる既読管理機能ですが、ブックマークを作成してから既読管理情報のクリアをすると、以後ブックマークから文書を開き続ける限りその文書は既読状態にはなりません。バグなのか仕様なのかと言われれば微妙ですが、やっぱりバグでしょう...というわけで、案件に登録しておきます。

 

コメント

このページにコメントする

 

このページのタグ

Page tag : Palm

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.