2008-02-10-01-【Scrooge】一括データ入力をどうするか - project-enigma

2008-02-10-01-【Scrooge】一括データ入力をどうするか

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2008年02月のlog >> 2008-02-10-01-【Scrooge】一括データ入力をどうするか

最終更新日付:2013/12/31 07:37:31


【Scrooge】一括データ入力をどうするか

2008 年 02 月 10 日

Scrooge の話題です。少しずつでも検討を進めていきましょう。

さて、この3年近くの Palmware 開発で、「 使い方はそれこそ呆れるほど人それぞれ」 であることはよく分かっているつもりです。陰郎自身が Scrooge に関して想定しているデータ入力は、以下のような感じです。

これだと、その後に行った店舗でもっと安かった、ということがありえます。しかし、日々の購買行動において価格情報の更新をしていれば、残念な結果に陥る可能性は減るでしょう。それでもカバーできないほど値動きの激しい商品であれば、別の対策が必要になります。そもそも、Scrooge のポイントは 「 最安値での購買頻度を妥当なレベルまで向上させる 」 ことにあります。

陰郎が想定しているのは、それこそ自分の生活圏内にある食料品店などでの購買行動の最適化なので、自宅でデータの一括入力をすることなどは想定していません。なぜなら、陰郎は新聞をとっていませんから、近所の店舗のチラシなどとも無縁なのです。そのため、データ入力は(たいていは)店頭でする必要があり、その前提で操作性を確保する必要がある、と。

しかし、最初に書いたとおり、使い方は人それぞれです。「万人の全て」になろうとする努力はたいてい逆効果に終わりますが、そうならないように注意しつつ最大多数の最大幸福を追求する努力はやはり必要になります。ポイントを抑えることと、止め時を知ること。そして、機能を追加する場合はそれを必要としない人の邪魔にならないこと。何度も書いていることですが、大事なことですよね。

さて、そんなわけですから、陰郎の個人的な想定に含まれない状況のサポートも考える必要があります(それとて限度はありますが)。たとえばネットや広告などで複数店舗の価格を入手し、まとめて入力しておきたい、と考える人もいるかもしれません。というか間違いなくいるでしょう( その人が Scrooge を使ってくれるかどうかは別として )。なので、まぁ妥当な方法で PC 上でのデータ入力を可能にしておく必要があります。

で、毎度のごとく同じジレンマに直面するわけです。PC 上でのデータ入力とは? Palm のドキュメントなどにはデスクトップアプリケーションと HotSync テクノロジー、およびコンジットというお決まりの記述があるのですが、コンジット方式は残念ながら(少なくとも Scrooge のケースでは)採用すべきではありません。なぜなら、Scrooge のような小さなお手軽ツールに付随する開発としては、開発コストが高すぎるからです。コンジットを作るということは、対応するデスクトップアプリケーションを作成するということでもありますからね。それに、それは直ちに特定のプラットフォーム以外のユーザーを切り捨てることにもなってしまいます。陰郎は Mac のことは良く知りませんが、いわゆる Windows 用 Palm Desktop のコンジット(とデスクトップアプリケーション)を作成したとしても、Mac ユーザーには無縁の話になってしまうでしょう。世の中には、Linux と Palm を同期させているツワモノだっているのかもしれません( 自宅の Fedora Core でもできるらしいのですが、Palm OS 5 をサポートしているのかどうかわかりません )。

そんなわけですから、困ったときの王道を使うことになるわけです。つまり、メモ帳データを介してデスクトップ上のデータと同期する、ということですね。たったこれだけの結論に辿り着くためにずいぶん長々と書いたものです。もう何点かだけポイントをまとめて、今日は終わりにしておきましょう。

まず、いわゆる「カテゴリ分け」に関する問題があります。これはジャンル毎にメモデータを分割することで実現できるでしょう。(場合によっては)たくさんあるメモデータから、たとえば「 Scrooge - 食料品 」 などという行で始まるものをデータファイルとして認識し、「食料品」という部分をカテゴリ名として使用する、と。カテゴリについてはこれでいいと思います。

次に、各メモデータの2行目以降に書かれるデータの形式に関する問題があります。ここは単純愚直に考えて、店舗・商品をキーとして、価格などその他の情報を1行に記述するカンマ区切りのデータとするのが妥当でしょう。そうすれば Excel などの表計算ソフトで処理することもできます。

今回はこのへんで。

 

コメント

このページにコメントする

 

このページのタグ

Page tag : Palm

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.