2008-02-18-01-【Scrooge】ディジーの指摘 - project-enigma

2008-02-18-01-【Scrooge】ディジーの指摘

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2008年02月のlog >> 2008-02-18-01-【Scrooge】ディジーの指摘

最終更新日付:2014/01/01 18:05:56


【Scrooge】ディジーの指摘

2008 年 02 月 18 日

さて、2008年公開開発案件であるところの Scrooge は、微妙に棚上げ状態です。Patriot の作業とサイト引越し準備が重なって、あまり時間がとれていません。

そんな中、週末に自宅近所のドラッグストアや食品店を回るときは、自分が頻繁に購入する品物の価格を Palm にメモするようにしてみました。それなりにデータが集まってきたら、実際それを利用するアプリのテストデータになるだろう...という目論見です。実際、やってみると全体的に割高な店舗で思いがけないものが安かったりもするものです。

...てなことを相棒のディジーに話してみたところ、それなりに好意的な評価をしてもらえました。Japonica のときもそうでしたが、一般人のカテゴリに入るような人から好意的に評価してもらえるのは、やはり生活に密着しているわかりやすいアプリなわけですね。陰郎の最初の Palmware である PalmLife を見せたときの反応は微妙でしたから。(汗

しかし、データの入力や維持に関する話題になるとディジーにも難色を示されました。やはり、普通一般の人の感覚からすると、自分で価格の最新情報を維持しなければならないというのは大変な作業に感じられるようです。個人差はあるにせよ、情報の信頼性が自分自身の努力にかかっているとなると、使う人と使わない人が分かれるのでは...という感じでしょうか。

とはいっても、何らかの中央集権的なデータベースからオンラインで価格情報更新なんて無理です。Scrooge でどのような価格情報を入れるかなど、それこそ十人十色でしょうし、デバイス単体の通信機能を当てにするわけにもいきません。何らかの自動化を可能にするとしても、ユーザー各個に工夫や選択の余地があってしかるべきです。

まぁここで以前の話題に戻るわけですが、やはりメモ帳を介した PC との同期、そしてデータ形式をカンマ区切りにするなどして表計算アプリケーションなどで扱えるようにする、などといったことでしょうか。対象の価格情報を Scrooge で扱えるような形式に仕立てることができれば、手作業は発生するものの Palm のメモに流し込むことは難しくありません。

しかし。そこまで考えてしまうと、「 PC 上にスプレッドシートでデータを作るならそれを見ればいいじゃん? 」 という話になります。実際そのとおりで、Palm を単なるビューワーに見立て、PC 上で見やすい形に整形なりソートなりするなら Palm 上ではメモ帳アプリだって十分なのです。

ずいぶん足元が怪しくなってきました。そうなると、Scrooge の存在意義って一体全体なんなの? という話になってきます。陰郎としては、現状の回答は以下のとおりです。

ぶっちゃけた話、陰郎が問題としているのは、たとえば 「 液体部屋干しトップの詰め替えは○○屋では 348円だが、○○堂では 328円だ 」 くらいのレベルなのです。なので、妥当なレベルまで最安値購入の頻度を向上させることができれば利用価値はあると思いますし、たまに外しても数十円の問題だからこそ許容できる話だな、と。また、日常的な購入頻度が高いモノでなければあまり意味がないでしょう。滅多に購入しないものであれば、価格情報の正当性を維持する手間(=コスト)の方が高くついてしまいます。あと、車やマンションを購入するのには向いていないでしょう。そういうときはもっと真剣に取り組むべきです( て何言ってる )。

# こんな状態では Scrooge ボツっちゃうかも...(汗

 

コメント

一匹の黄色い猿 - 02/19/2008 02:52:51 AM
つ[店頭に行かなきゃ判らない商品の価格は?w]
つ[安値だけを先に知る事を重点に置くとハマるよ?]
つ[それこそチラシ、口コミ、各店舗回りと手法が増える]
_
つ[特売は別にして、安定価格を探るなら、数回回ればOKかと]
つ[買い回る人はそれをある程度記憶しているはず]
> ○○屋では 348円だが、○○堂では 328円だ
つ[「○○屋より○○堂の方が安い」という程度だろうけどw]
_
つ[ http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/11/01/9708.html ]
つ[これだって、実は人海戦術ww]
つ[入力無くして、データ無し]
つ[楽して儲ける(安く買うのも同様)手法なしとも]
_
> 日常的な購入頻度が高いモノ
っ[猿的には「滅多に買わないが、要る物」をリストしたい]
っ[時節柄で言うと風邪薬、マスク、ボックスティッシュ等]
っ[洗剤も同様ではないかと(安いと買い溜めする人も居るか)]
っ[購入頻度が高ければ、記憶してしまわないだろうか?]

陰郎 - 02/19/2008 10:27:23 AM

> 一匹の黄色い猿 さん

>> 店頭に行かなきゃ判らない商品の価格は?w

ですよね。だから結局は店頭で自分の手でメモ、となるわけです。なんかメモ帳データ経由の PC 連携も不要な気が...(笑

>> 特売は別にして、安定価格を探るなら、数回回ればOKかと
>> 買い回る人はそれをある程度記憶しているはず

その記憶を補助するのがこのアプリの目的であり、限界でもある、というところに落ち着きそうですね。そして、店頭での手作業が前提になるのであれば、やれ特売だの曜日指定値引きだのは機能として重過ぎるかもしれません。

>> 購入頻度が高ければ、記憶してしまわないだろうか?

ポイントはここですね。覚えられる人には不要なアプリかもしれません。陰郎は準生活無能力者なので、ほとんど覚えられないんです。(笑

覚えられないというのが大袈裟ならば、記憶に自信を持てない。だからメモっておきたいが、どうせメモするなら使い易い方がいい。店舗指定で一覧したり、商品指定で安い店舗順に並べたい。基本はそれに尽きるんですよね。やっぱりそういう単機能のニッチを埋めるイメージで行くかな。

このページにコメントする

 

このページのタグ

Page tag : Palm

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.