2008-03-19-02-Donald おじさんと Graham おじさん - project-enigma

2008-03-19-02-Donald おじさんと Graham おじさん

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2008年03月のlog >> 2008-03-19-02-Donald おじさんと Graham おじさん

最終更新日付:2013/12/31 07:37:14


Donald おじさんと Graham おじさん

2008 年 03 月 19 日

いや、Knuth 先生はともかくとして、Paul Graham さんがおじさんなのかどうかは知りませんが。

        

なんかねぇ。Donald E. Knuth 先生の The Art of Computer Programming って7冊の大作でしょ。1冊1万円で、7冊だからその7倍、って思ってたのですよ。そしたら Fascicle(分冊)なんてのが出てきちゃった。しかも、現時点で判ってるだけで Vol.1 に1冊、Vol.4 に5冊あるみたい。分冊が1冊で 3,000円ですよ。一体全体、全部買い揃えたら総額いくらになるんでしょう。図書館で這いつくばるようにして演習問題を解いていますが、まだ Vol.1 の最初のあたりです。こりゃ一生をかけたライフワークになりそうだ。

そしてもう一方の Paul Graham 御大。陰郎にとって未知の世界である Lisp。C++ がネイティブランゲージの陰郎には、ちょっと触れるだけで眩暈がしそうな言語です。この人の本を読むのは陰郎にとっては冒険のようなもの。遭難する危険もありますが、楽しみです。ちなみに、「ハッカーと画家」については、Palm 界でも有名な POBox の開発者である増井俊之さんも言及している書籍であります。

 

コメント

このページにコメントする

 

このページのタグ

Page tag : books

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.