2008-04-22-03-【Scrooge】UI 設計 - 3 - project-enigma

2008-04-22-03-【Scrooge】UI 設計 - 3

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2008年04月のlog >> 2008-04-22-03-【Scrooge】UI 設計 - 3

最終更新日付:2013/12/31 07:36:58


【Scrooge】UI 設計 - 3

2008 年 04 月 22 日

さて、UI 設計の続き。

ひとまずのところ、テーブルを使ってみることにしよう。テーブルのインプレは非常に面倒なのだが、やらないわけにもいかない。以前の画面イメージとテーブル部分の要件をもう一度見直してみよう。

テーブルでできるような気がしてきた。唯一心配なのは3カラム目をタップしても何もすべきことがない点だが、そこはそういうものということにしておこう。

ちなみに、価格や割引きイベントの編集は、全て別途用意するモーダルフォームを使用する。というのは、例えば価格をインプレイスで編集させてしまうと、入力が完了した瞬間に再ソートが発生するため、混乱の元になりそうだからだ。

もうひとつ気付いたこととして、価格タップ時の編集対象と割引イベントの関係が問題になりそうだ。例えば 200円の商品が割引きイベント設定によって 180円になっている時、価格部分をタップしたら編集すべき値はどちらなのだろう? 編集前の値を表示せずに入力ボックスを表示したとしても、入力させる金額は割引き前の金額だろうか、それとも割引きが適用された後の金額だろうか?

ひとつの解決法は、割引きイベントが設定されているレコードに関しては、価格部分のタップと右端のアイコンのタップを同じものとして扱うというものだ。そして表示するモーダルダイアログでは明確に「割引き前の価格」を入力させる。この場合は割引きの条件や率なども同時に編集できるような画面になっているから、混乱させることはないだろう。

...続きは明日以降。

 

コメント

このページにコメントする

 

このページのタグ

Page tag : Palm

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.