2008-04-23-03-【Esprit】ダイナミックUI - project-enigma

2008-04-23-03-【Esprit】ダイナミックUI

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2008年04月のlog >> 2008-04-23-03-【Esprit】ダイナミックUI

最終更新日付:2014/01/03 07:36:28


【Esprit】ダイナミックUI

2008 年 04 月 23 日

久しぶりに、Esprit の話題。

Esprit は、いわゆるダイナミック UI を使う予定になっている。ダイナミック UI 。聞き覚えのある言葉だ。そう、Palm OS Programmer's Companion I4章14節で説明されている、あれだ。つまりフォームと、その上に載せられるコントロール、それらすべてを動的に作成するということだ。なぜそうする必要があるかについては、今はまだ書けない。

ダイナミック UI を使ったことがないが、いい勉強になるだろう。問題は、これを ARM コードの中から使用しなければならないということだ。前回書いたとおり、Esprit はアプリケーションの大部分が ARM サイドで動作する(予定になっている)。となると、ダイナミック UI も当然 ARM 側から操作することになる。それが難しいことなのかどうかすらわからない。やってみれば簡単なことなのかもしれないが、途方に暮れるほどの難題かもしれない。ARMlet というのは制約の多い環境だ。Japonica のときもそうだったが、大域が使えないことが C++ プログラマにとってどれほど辛いことか、C++ 使いでない人にはわからないだろう(グローバル変数の話をしているのではない)。

Esprit は毎日のように少しずつコアになる部分を検討しているが、ARM 上でメッセージポンプを回すとかダイナミック UI とか、Palm 上での挑戦以前のところで途方に暮れているというのが正直なところだ。今の時点では迂闊なことは書けないが、上手くいけば(ごく一部の人にとって)面白いものになると思う。モノになるまで努力し続けられることを祈るとしよう。

 

コメント

このページにコメントする

 

このページのタグ

Page tag : Palm

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.