2008-12-07-01-新奇性依存 - project-enigma

2008-12-07-01-新奇性依存

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2008年12月のlog >> 2008-12-07-01-新奇性依存

最終更新日付:2013/12/31 07:36:42


新奇性依存

2008 年 12 月 07 日

要するに「新しい物」好き、ということなのだが、それだけでもない。

UMPC が欲しい、と前回書いた。しかし、本当に必要なのか、とかそもそも電車に乗っている30分程度で開発を進められるのか、とかいろいろ考えるとどうもおかしい。

でも、それがあればなぜかできるような気がする。たぶん、小さくて持ち歩けて、打鍵が快適にできるような PC を手に入れれば、それなりに作業できるだろう。しかし、時間が経てばそれもできなくなる。それはなぜか。

新奇性に頼っているからだ。

モノを手に入れたときだけでなく、違うやり方をとったとき、違う道を通ったとき、別の組み合わせを試したときなど、何か新しい状況に身をおいた人間というのはやる気や集中力が増すものだ。自分でそれを選択したのであればプラスの影響があるだろうし、そうでなければマイナスの影響があるかもしれない。

なにか新しいデバイスを手に入れるというのも、それと似たところがある。モノが新しいという点だけでなく、いつもと局面で違う使い方ができるということがやる気や集中力をアップさせる。それは新鮮な感覚からくる効果だ。しかし、それはいつまでも続くことではない。新奇性というものには揮発性がある。いずれ日常に溶け込み、それを使うこと自体に新鮮味がなくなれば元に戻ってしまう。

恐いのは、新奇性に頼るしかなくなってしまうことだ。新しいものをイジる新鮮さの中にしか使う喜びを見出せない……それは新奇性依存とでも呼ぶべき状態だ。ちょっとずつ違う製品を定期的にリリースするメーカーも新奇性だけに頼っていると言えるかもしれない。

UMPC に関しては、もう少し様子を見てみようと思う。製品のではない。自分の様子を見てみるのだ。たとえば、ちょっと頑張って重たい DELL のノートPCを持ち歩いてみるのもいいだろう。自分にとってはすでに新鮮さのないこのノートPCで、通勤途中に開発を続けられるようであれば、UMPC でも上手くいくかもしれない。

 

コメント

このページにコメントする

 

このページのタグ

Page tag : 開発

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.