2009-10-09-01-無料版を構成すべきでした - project-enigma

2009-10-09-01-無料版を構成すべきでした

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2009年10月のlog >> 2009-10-09-01-無料版を構成すべきでした

最終更新日付:2014/01/01 18:59:13


無料版を構成すべきでした

2009 年 10 月 09 日

Kenkyoro さんが、mpuz がどういうものか良く知らないまま購入して下さったとのことで、なんだか恐縮している。というのは、無料版を用意すべきだったのだろうか、というのは以前から悩んでいたからだ。通常無料版というのは機能を制限して試用版のような位置づけで頒布するもののようだが、あのゲームは非常にルールが単純なので制限するべきところが見つからずに現在に至っているのだ。無料版で広告が表示されたりするような構成もあるようだが、project-enigma には広告スポンサーなどつかないし。

と、ここまで書いて、数万通りある問題のうち限られた少数の問題だけを出題するような形で無料版を構成できるということに気付いた。やっとけば良かった……。いや、別に手遅れではないので、アップデートする機会があったらそうしよう。ひとまず、Kenkyoroさんには気に入っていただけることをお祈りしています。ついでに、Palm 版もありますのでそちらも良かったらどうぞ(ちょっとだけルールが違いますがフリーですし)。

さて、App Store では、大抵の有料アプリケーションで対応する無料版が提供されている。これを見ていて思うのは、App Store の仕組み自体に試用版、無料版での制限ダウンロードという機能を組み込めないのだろうか、ということだ。アプリケーション自体は1つのエントリで提供され、フリー版をダウンロードするか有料版を購入するか選べれば良いと思う。そして、アプリケーションバイナリも共通で、なんらかの環境変数のようなもので動作を切り替えられれば開発者の負担も減るだろう(好みの問題かもしれないが)。そして、App Store に並ぶアプリケーションの数も減るような気がするのだが。いや、有料版と無料版のリストを分けて表示しているから問題ないのか。

いずれにせよ、次からはきちんと無料版というのも考えてから作ることにしよう。現在、iPhone OS 向けに予定されているアプリは3つある。

 

コメント

Kenkyoro - 10/10/2009 12:08:08 AM

iPhoneアプリ第1弾の発売おめでとうございます。

早速遊んでみました。最初、通勤電車で立ちながら遊んでいたのですが、なかなか答えがみつからず、机でじっくりメモをしながらやってみたところ正解にたどり着きました。面白いです。もはや数独では刺激されなくなった脳に程よい刺激を与えてくれます。パズル好きの友人にも薦めてみます。

このゲームに関していうと無料版は難しいかもしれませんね。各問題自体の差異認識が難しいので、無料版10件とか有料版何万件とかの違いもわかりにくいのではないでしょうか?

kagelow - 10/10/2009 02:07:39 AM

> Kenkyoro さん

やっぱり最初は紙に書きながらやるのがいいですよね。慣れてくると、頭のできるようになりますよ。

無料版は、しっかりと「問題数が制限されている」ことを明記すればアリなんではないかと思っていますが……さてどうでしょうかね。

EIJ - 10/10/2009 06:08:28 AM

数独も同様に問題数制限付きの無料版をだしたりしています

あとは、有料版では問題を解くのをサポートする機能を追加したりするのはいかがでしょうか?

例えば別画面で, A-J x 0-9のマトリックスを表示するようにして、ユーザが○、×、△などを置いて行けるようにすると、紙なしでも記憶に頼らずに推理できるようになります

kagelow - 10/10/2009 11:28:58 PM

> EIJ さん

お、それいいですね! 基本的には「頭の中でなんとかする」ことを楽しむのが(自分としては)コンセプトなのでそれは考えていなかったのですが、楽しみ方は人それぞれなのであった方がいいかもしれませんね。ちょっと考えてみます。

このページにコメントする

 

このページのタグ

Page tag : iPhone OS

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.