2010-12-07-01-SVG と UML の話 - 10 - project-enigma

2010-12-07-01-SVG と UML の話 - 10

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2010年12月のlog >> 2010-12-07-01-SVG と UML の話 - 10

最終更新日付:2013/12/31 07:35:45


SVG と UML の話 - 10

2010 年 12 月 07 日

#define とくれば、次はあれだろう。

前回書いたことの補足になるが、このツールでは図面の縦横サイズを以下のように設定する。

svgwidth:800
svgheight:600

つまり、ツールの入力となるどのテキストファイルにも、冒頭にこの記述があるわけだ。そして、互いに関連する一連のドキュメントでは、このような属性は揃えることが多い。しかし前回書いたように、このツールは単一のファイル処理しか想定しないため、ファイル間でこういった情報の同期をとるのはユーザの仕事になるわけだ。これもまた、小さいが着実に溜まっていくストレスだ。

この問題を解決するために、これまた #define と同じ C/C++ のやり方を採用した。即ち #include を使ってヘッダファイルをインクルードするわけだ。データファイル内で以下のように記述することで、別のファイルをその(つまり #include が書かれている)場所に取り込むことができる。

#include common.h

ヘッダファイルには、複数のファイル間で共有したい情報を記述しておく。そしてデータファイルがそれを #include するわけだ。ヘッダに書くべきものはいくつかあるが、まだ紹介していないのでこれだけにしておこう。

// common.h
svgwidth:800
svgheight:600

#define も #include も、考え方は C 言語のそれと同じだ。つまりそれはプリプロセスという独立した処理として行なわれ、やることは単純なテキストの置き換えを旨とする。ついでなので、次回は他のプリプロセッサについて書くとしよう。

 

コメント

このページにコメントする

 

このページのタグ

Page tag : 開発

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.