2010-12-15-01-SVG と UML の話 - 16 - project-enigma

2010-12-15-01-SVG と UML の話 - 16

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2010年12月のlog >> 2010-12-15-01-SVG と UML の話 - 16

最終更新日付:2013/12/31 07:35:19


SVG と UML の話 - 16

2010 年 12 月 15 日

コネクタ要素の共通属性の話。

‥‥‥をしようと思ったが、以下のコネクタ要素の共通属性は、なんだかんだですでに説明済みだ。

なので、今回は grid 要素の話をしよう。これは図面の全体に格子線を描画するもので、通常は一番下のレイヤーに配置して使用する。指定するのは背景色、格子線の色と太さ、そして間隔だ。

grid
layer:grid_layer
fill:white
stroke:blue
strokewidth:0.1
size:10 10

これを使うと、まるで RHODIA の上の図面を書いたみたいになるので気に入っている。そして、grid 要素を独立したレイヤーに格納し、前回書いた方法で表示をトグルすれば邪魔な時には非表示にできる。以下の例では、右上にある画像がトグルのためのボタンになっている。

実際のところ、grid 要素はおまけのようなものだ。あっても便利というほどのものではないし、なくても困らない。

 

コメント

このページにコメントする

 

このページのタグ

Page tag : 開発

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.