2013-11-24-01-ノートPC買替え検討中 - project-enigma

2013-11-24-01-ノートPC買替え検討中

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2013年11月のlog >> 2013-11-24-01-ノートPC買替え検討中

最終更新日付:2013/12/31 07:35:01


ノートPC買替え検討中

2013 年 11 月 24 日

現在、ASUS の Eee PC を使用している。これは、2009 年初頭に購入したと記憶しているものだ。来年 Microsoft Windows XP のサポート期間が終了するので、というわけではないのだが、買い替えを検討している。しかし、ここにもまた苦難が待ち受けていた。

問題を一言で言えば、「鍵盤打ちのことなど毛程も考慮していないそのデザイン」である。アイソレーションキーボードは過去に一度廃れたのを再度 Apple と SONY が流行らせたものらしいが、ゴミが入り難いという利点を除けばオサレなだけの打ち難いキーボードだ。なお悪いことに、Apple があの(最悪に打ち難い)「薄くてフラット」なやつを大衆にオサレだと思い込ませて以来、各社がそれを真似するようになってしまった。この点に関して言えば、Lenovo の ThinkPad はアイソレーションキーボードではあるものの、キートップが若干ながら窪んでおり、打ち易そうに見えた。素晴らしい。

話を戻そう。次の問題はテンキーがついているタイプだ。どうやらディスプレイの大型化に伴ってテンキーを備えたモデルが増えたようだが、正直これが一番許せない。テンキーは大抵キーボードの右側についているから当たり前なのだが、これによってホームポジションはどうしても左にズレる。想像してみて欲しい。例えばノートPCを膝の上とかに載せてタイピングしようとしたとき、ホームポジションがちょっとでも左右どちらかにズレていたら使い難くないだろうか? 少なくとも自分は使い難いと思う。

「大抵のユーザはキーボードなんてほとんど使わないから」と家人はいう。おそらくそうなのだろう。だから見た目がスタイリッシュで洗練されていればそれでいいのだ。だったらもうタブレット使ってろよと言いたい。心底言いたい。

最後は、Windows 8 だ。まったく必要ない。Windows 7 でいい。というか、日常の使用では Linux で全然問題ない。しかしそこはそれ、娑婆で生きているとどうしても「皆が使っているもの」に合わせなければならない局面が出てくる。だからこれまでもそうしていたように、Windows と Linux のデュアルブートでやっていくことになるのだろう。

まとめると、Windows 7 で、テンキーが付いていなくて、アイソレーションキーボードじゃないノートPCが欲しいわけだ。調べた限りまだ見つかっていないが、アイソレーションキーボードさえ我慢すればまだ選択肢はある。年明け予定なのだけれど、それまで販売してくれていることを切に願う。

 

コメント

このページにコメントする

 

このページのタグ

Page tag : PC

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.