2014-05-31-01-Emacs24 にお引越し - project-enigma

2014-05-31-01-Emacs24 にお引越し

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2014年05月のlog >> 2014-05-31-01-Emacs24 にお引越し

最終更新日付:2014/05/31 20:20:12


Emacs24 にお引越し

2014 年 05 月 31 日

2週間以上経ってようやくだが、Emacs 23 から Emacs 24 への引越しを実行した。

 

ちょっと考えた末、今後メインで使用する Emacs の配置ディレクトリは emacs という名前にすることに決定。これまでは、emacs-23.1 という名前だったのだが、同じようなやり方で 24.3 にすると、以下の設定を変更する必要が出てくる。

そんなわけで、「使用しているバージョンの Emacs は emacs というディレクトリに置く」ことにしたのだ。偉そうに書くようなことでもないが、こうすることで上記の設定は今後イジらずにバージョンを変更できるようになる。そして、これまで使用してきた 23.1 は emacs-23.1 というフォルダ名にしてそのまま残しておく。そのうち圧縮しちゃうだろうけど。

で、24.3 に変更してから一応いくつかの動作確認をするわけだ。これは以前やったことだから心配していなかったのだが、何故か POBox が動作しなかった。実は以前の動作確認は職場の PC でやっていたのだが(何やってる)、今回は自宅。はて、どこが違う‥‥‥? と思ってエラーを確認すると、なにやら覚えのある last-input-char という言葉を発見。あ、これ覚えてる。たしか、last-input-event とかに変えなきゃならないんだった。というわけで pobox.el を修正してバイトコンパイルし直し、Emacs 再起動で解決、と。

職場の PC でこの問題が発生しなかったのは、おそらく一度 Emacs 24 にしたことがあってその時直していたからだろう。だから覚えがあったのだ。そして、その際 M-x gdb が動作しないことに気付いて 23 に戻したんだな。うん、色々思い出した。

ところで、Emacs で POBox を使っている人というのはあまりいないようだ。以前 SKK を使ってみて、「う〜ん、ちょっと苦手かな—。」と思って以来、自分の(少なくとも Emacs での)日本語入力は POBox しかないと思っている。今回はこの程度の修正で済んだけれど、自分は Emacs Lisp は正直苦手なので、将来が少し不安だ。

 

コメント

このページにコメントする

 

このページのタグ

Page tag : Emacs

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.