2015-04-14-01-またOfficeが起動しない - project-enigma

2015-04-14-01-またOfficeが起動しない

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2015年04月のlog >> 2015-04-14-01-またOfficeが起動しない

最終更新日付:2015/04/14 07:36:27


またOfficeが起動しない

2015 年 04 月 14 日

数日前のことだが、先月に引き続きまたもや Office 2013 がいっさい起動しなくなってしまった。今回は慌てずに(しかし悪態をつきながら)再インストールをしたが、更新されていないことに気付き、そもそも何かがおかしいと思い始めた。

何か変、と思ったのは再インストールが終わってしばらくしてからだった。そもそも SP1 とか出てるんだろうから、それが入ればこんなことにはならんのではなかろうかと、そう思ったわけだ。で、Excel のアカウント画面でバージョンを確認すると、えぇと、なんだったかな、そう、15.0.4433.1508 になっているわけだ。以下のように。そして、「更新プログラムは自動的にダウンロードされインストールされます」とも書いてある。あるよね。

 

しかし、Microsoft のサイトで確認すると最新バージョンは悠か先まで行っちまっている。しかし待てど暮らせど更新は自動的に適用される様子はなし。一方、ネット上の情報では上の画像でいう「更新オプション」をクリックして「更新を適用」すればいいみたいなことが書かれているのだが、やってみても以下の通り、そんなステキなものは出てこないわけだ。

 

何がいけないのだろう? ネット上の情報をみる限りでは、MSIインストールとクイック更新(ていうんだっけ?)では大きく異なるみたいなことが書かれている。少なくとも、Windows Update では更新はかからないらしい。しかも、クイック更新ではそもそも最初に全てをインストールせず、特定の機能単位で、ユーザーが使う時になって初めてインストールをするのだとか。あらまぁ迷惑千万。こちとら常にネットに繋ってるワケじゃないのよ。

で、ここで気付く。自分は、amazon でダウンロード版を購入したあと、microsoft のサイトからインストールをする際、苦労して方法を探して ISO イメージをダウンロードしたのだった。そして、その ISO イメージからインストールをしたのだが、それがイケなかったのだろうか? たとえば、その ISO イメージをマウントすると、ボリュームラベルには 15.0.4433 というバージョン番号が含まれている。ひょっとして、この方法でインストールすると自動更新の対象外にされてしまうのだろうか? 結局、この問題はまだ解決していない。まだどうすれば良いのかもわからないが、次の週末にでも、ISO イメージからでないインストールを試してみるつもりだ。

 

コメント

このページにコメントする

 

このページのタグ

Page tag : PC

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.