2015-12-31-01-割と充実していたと思う2015年 - project-enigma

2015-12-31-01-割と充実していたと思う2015年

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2015年12月のlog >> 2015-12-31-01-割と充実していたと思う2015年

最終更新日付:2015/12/31 01:41:34


割と充実していたと思う2015年

2015 年 12 月 31 日

2015年は、割と頑張ることができたような気がしている。最後の一日を使って、やんわりと振り返ってみようか。

今年最も大きな出来事といえば、CL-STL の公開だろう。ユーザは知ってる限り自分しかいないが、まぁあのようなライブラリではそんなモノだろう。それに先立って、github も始めた。ずっと CVS ユーザだったけれど、ようやく普通の使い方ができるようになってみて、github は良いものだと理解しつつある。そうなると旧来の CVS の個人的なリポジトリをどうするか、という話になるのだけれど、それはまぁ来年の課題としよう。

公開した CL-STL を磨いていく手段として、この weblog で「STL書籍の掲載コードをCL-STLで書いてみよう」というのを実に4ヶ月に渡って 25回もやっていた。最後の記事から、全エントリへのリンクにアクセスできる。このシリーズを続けていく過程で、いくつものバグを発見し、対処することができた。

今年の前半に遡ると、SVG 図形を生成する Common Lisp アプリケーションをせっせと作っていたようだ。もの凄く昔の話のような気がするが、どうやら今年に入ってからの作業らしい。そして何がどうなっていて、どんな状況で中断したのかまったく思い出せない。こういうのが再開に一番時間がかかるんだよな。これは反省点。

細かい話としては、長年使ってきた Pocket WiFi を解約していわゆる「格安SIM」に乗り換えた。3月中旬の話だ。あとこれは初めて書くことだけれど、FSF の賛助会員になった。昨日の話だ。毎年少額ながらも寄付をしてきたのだが、どうせ毎年するならばと正式に会員になった。特に会員になって得られる特典のようなものを利用する予定もないけれど、毎年自動的に更新される方が楽だしね。

さて、2016年はどうなるだろうか。マズ間違いなく、CL-STL の開発を続けているだろう。なんといっても、まだ非順序連想(要するにハッシュ)コンテナの実装がまだなのだ。他にも、STL の周辺部分(そもそも STL は定義がはっきりしないので、境界も曖昧なのだ)で実装したいモノもたくさんある。それらをコツコツやって行くんだろうな。あと、後手に回り続けているドキュメントのこともある‥‥‥多分やらない気がするが、本当はやらなければならない。

あと、最近気付いたのだが、このサイトはどうやら10年を超えたようだ。この weblog が2005年6月から始まっているからだ。最初は手書き HTML のサイトで、途中から Movable Type を併用し、最終的には CL-PREFAB という自作ツールで生成するようになった。10年というのは、まぁ長いものだ。そしてこの10年で自分がやっていることも少しずつ変わってきた。これからどうなるのか、いつまで続くのか、自分でもわからない。それでも、来年も前進し続けられますように。

 

コメント

このページにコメントする

 

このページのタグ

Page tag : 開発

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.