2016-11-23-01-ようやく手仕舞い - project-enigma

2016-11-23-01-ようやく手仕舞い

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2016年11月のlog >> 2016-11-23-01-ようやく手仕舞い

最終更新日付:2016/11/23 17:37:23


ようやく手仕舞い

2016 年 11 月 23 日

先月、Apple developer program の更新をしないことに決めた。これによって、iOS 向けの電子書籍の販売も全て終了。かれこれ7年続いたが、最後は延命治療みたいなものだったな。

実際問題としては、2011年頃からほぼ放置状態だったように記憶している。なんと言ったか、Inapp purchase だっけ? そういう(当時の)新しいやり方でなければダメよ、という後出しジャンケンで新しいタイトルを発売できなくなって、それ以降は既発のタイトルだけを売り続けたわけだ。

しかしそれで利益があがり続けるわけもない。なんといっても、売り続けるためには1年ごとに更新料を支払う必要がある。これのせいで、最後の数年間は赤字状態だった。それでも続けていたのは、まぁ惰性というくらいの説明しかないだろう。

ところが、今年の9月くらいから、「○△というアプリケーションは AppStore から削除しました」といった趣旨のメールが届き始めた。これは電子書籍アプリに限らず、自分が公開している全てのアプリケーションについて届いた。英語の文面を読む限り、なんらかの問題(新しいレギュレーションに通らないとか?)があるから、とのことだった。

とりあえずのスジとしては、確認して問題を解決し、再度公開、というのが正しいのだけれど、そもそも赤字状態が続いている上に将来も明るくない仕事にかけるリソースはないし、そもそも開発環境だって維持できていない。そこへもって来て、10月には Apple developer program の更新時期がやってきた。これだけ条件が揃えば、継続しないというのが妥当な選択というものだろう。

そんなわけで、手仕舞いにすることとなった。全体としてみれば、開発コストを回収して、それに加えてほんの少しプラスというところかな。まぁ多少の皮肉を含めてだが良い勉強になったと思うことにしよう。

 

コメント

このページにコメントする

 

このページのタグ

Page tag : iPhone OS

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.