2017-01-23-01-gitでトラブル、あとRealForceを里子に - project-enigma

2017-01-23-01-gitでトラブル、あとRealForceを里子に

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2017年01月のlog >> 2017-01-23-01-gitでトラブル、あとRealForceを里子に

最終更新日付:2017/01/23 07:08:36


gitでトラブル、あとRealForceを里子に

2017 年 01 月 23 日

うん、時々理由のわからないコケ方をするんだよな。今回は自宅サーバにあるバックアップリポジトリに対して、一部のリポジトリだけ git push できなくなってしまった。あと、HHK を自宅と職場で持ち歩いて使うようになったので、RealForce を里子に出すことに。

今回 git push ができなくなってしまったのは、よりにもよって一番活発に更新している steam のリポジトリだったりする。git push すると、たっぷり30秒ほど経過した後で temporary file が作れないと宣う。git pull はできるし、git clone もできる。また、他のリポジトリは普通に git push できる。

まぁ、git については自分がかなりインチキな方法を使っているので、それが原因として絡んでいるかもしれない。インチキというのは、自宅サーバに対して ssh で接続とかをしているのではなく、単純に Windows 共有を使ってネットワークドライブをマッピングして、そこに対して git コマンドを発行しているのだ。そんなだから、表示されるエラーメッセージでネット上の情報を探してみても、いまいちピンとくるモノがない。

このインチキな状態をちゃんと直そうとすると、現状 Windows で動作している自宅サーバをなんらかの Linux ディストリビューションに置き換えなければならないだろう。そして git もインストールして、ssh で接続可能にしてやる必要がある。現状の Windows のままで、Cygwin を入れる方法でもイケるかもしれないが、それで ssh 接続ができる状態にまで持っていける自信は正直ない。

そんなわけで、どうしたものか迷っている。GitHub に月額 $7 支払ってプライベートリポジトリを持つ方がいっそ楽なんじゃないか、とかも。

 

それとは全くの無関係だけれど、HHK を持ち歩くようになって1週間が過ぎた。今のところ問題なく運用できているようだ。以前からの職場で使っていた RealForce は持ち帰って、土日でもってキレイに掃除をした(ついでに自宅で使っていた方の RealForce も)。RealForce は死蔵するにはあまりに勿体ないので、職場の同僚に譲るという話になっている。2台目として購入した方がまだ状態が良いので、それを使ってもらうことにしよう。もう1台はしばらく手元に置いておくが、誰か使ってくれる人がいればこれも同様に里子に出すことになるだろう。

 

コメント

このページにコメントする

 

このページのタグ

Page tag : 開発

Page tag : PC

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.