2019-02-02-01-アラームのクリアとスヌーズ - project-enigma

2019-02-02-01-アラームのクリアとスヌーズ

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2019年02月のlog >> 2019-02-02-01-アラームのクリアとスヌーズ

最終更新日付:2019/02/02 14:00:00


アラームのクリアとスヌーズ

2019 年 02 月 02 日

steam のスケジュール、タスク、あとアドレス帳には、アラーム機能がある。まあ、Palm の PIM を参考に作っているからそうなるな。で、アラームを設定しておくと、知らせてくれるわけだ。といっても CLI なので、プロンプトを押しのけてコンソール上に出てくる。

当初は自分の中でそれほど重要な機能ではなかったので、割と中途半端な作りになっていた。しかし、仕事で使い込むようになっていくと、それなりに便利だと思えるようにもなってきた。そこで、今回は中途半端をやめて使い勝手を向上させる作業。

 

ひとまずのところ、やりたかったのは以下だ。

  1. アラームをクリアしたい
  2. アラームを手動で(指定時間)スヌーズしたい

1 については、従来は edit でわざわざデータを開いて編集するか、そうでなければfield コマンドでもって ALARM フィールドを none に設定する必要があった。もちろんそれでもいいのだが、どちらも1つずつしか処理できない。その欠点を度外視しても、単純に面倒だ。そこで現在アラームを再表示させるだけの alarm コマンドを拡張して、アラームをクリアするオプションを追加した。以下のように。これで複数のアラームを一発でオフにできるようになった。

alarm --clear DATA...

次の手動スヌーズは、まぁおまけみたいなモノだ。従来、アラームは一度表示されると自動的に 10 分間スヌーズされていたが、そこに手出しはできなかった(環境変数で自動スヌーズを何分にするかは設定できた)。しかし、時には一定時間アラームに邪魔されたくない時もある。特に、アラームの発動はワンタイムインデックスへの追加をするし。

そんなわけで、以下のようにして手動スヌーズができるようにした。これで、「現在時刻から MINUTES 分後」までアラームをスヌーズすることができる。

alarm --snooze=MINUTES DATA...

先に、「おまけみたいなモノ」と書いたけど、このスヌーズ機能は従来できなかったことをできるようにしているので、こっちの方が「機能追加」だな。まあそれはそれとして、アラーム機能の周辺はまだ胡散臭いところがいくつかある。忘れている部分を思い出す作業も含めて、しばらくアラームに取り組むとしようかな。

 

コメント

このページにコメントする

 

このページのタグ

Page tag : fist

 

 


Copyright(C) 2005-2019 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.