2019-10-30-01-steamをfistに改名 - project-enigma

2019-10-30-01-steamをfistに改名

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2019年10月のlog >> 2019-10-30-01-steamをfistに改名

最終更新日付:2019/10/30 19:30:00


steamをfistに改名

2019 年 10 月 30 日

かれこれ4年近い付き合いになる steam。それなりに考えてつけた名前なんだけど、悩んだ末に名前を変えることにした。

もともと、Palm OS の PIM 機能を自分にとって最適化された環境で使いたい、という欲求から始まった steam は、Schedule, Task, Expense, Address, Memo で S.T.E.A.M. なわけで、それは5つの頭文字で単語になるような順序を探した結果だったワケだ。「それなりに考えてつけた」というのはそういうこと。ま、大したことないと言えば大したことない。

ただ、その名前に決めて使い始めた後で、有名な某ゲームプラットフォーム(という呼び方でいいのかな)と同じ名前だということを知ったワケだ。大体こういうところで自分はいつも躓く。まぁ一般公開もしていないし、名前がカブっているからといって困ることもないのだけれど、やはり名前は変えた方が良いんではないかと。なんとなくそういう感じになっていた。

ではどういう名前で行きましょうかとなると、これがまた難しかった。当初候補に上がっていたのは palmsh という名前だった。これまた色々な点でアレな名前なのだけれど、もっとも体を表している名前だったんだな。Palm OS の PIM 機能のクローンのようなもの、それをシェルのような UI で実現していたから。しかし、自分はこの名前への変更を渋り続けた。なんでかというと、

‥‥‥という要件がくすぶっていたから。アプリケーションとしてのコアを UI から分離して、たとえば Microsoft Outlook 風の GUI クライアントも用意するとか、あるいは Android のようなモバイルデバイスで利用できるようなアプリケーションも別途作るとか、色々考えていた時期があったのだ。それが実現する時がきたら、名前が palmsh ではまた変えたくなってしまうだろう。

その後、「向こう見ずな多角経営願望」的な熱は冷めて行き、さらに guile 拡張などの導入によって「いったいこれどうやって GUI 化すんの」という現実にも気付き始める。こうなると、いよいよ GUI のことは考えなくなっていく。さらには自分の作業ベースが Windows から Ubuntu Linux に移行してしまって、なおのこと GUI プログラム開発の敷居が高くなる。だいたい、冷静に考えれば今からフルスペックの、それも想定ユーザーが自分しかいない GUI アプリケーションを構築するなんて頭がどうかしているとしか言いようがない。ちょっと頭冷やそうか? というワケだ。

じゃあこの時点で palmsh に決定でいいじゃんという話になるはずなのだけど、どういうわけだかそうはならなかった。まぁ、どこかでシェル風以外の UI を諦め切れてなかったのかもしれない。もうひとつ、フルスペックの GUI よりは現実的かつ自分にとっては嬉しい選択肢として、Emacs のメジャーモードというのがあった。Emacs を使わない人々には伝わらない話になってしまうけれど、まぁ dired mode のような感じで操作できたらいいかなぁ、と。そんな思いもあったりするのだ(まぁ多分これもやらないだろうな)。

で、palmsh という名前はもう考えないことにして、本当に変えるのであれば fist という名前にしよう、と決めた。palm が掌(てのひら)なら、fist は拳(こぶし)とか拳骨だな。というか、ここに至っても肝心な「本当に変えるのか」という部分があやふやだったりするのがなんともアレなんだけれど、先週くらいまでにこういうところまで来ていた。そして今週に入って、もういい加減悩み続けるのもアホらしい、とばかりに名前の変更に踏み切った、というわけ。嗚呼、長かった。そんなこんなで steam は fist になった。あ、この weblog のタグ名どうしよう。

追記:この weblog のタグ名も fist に変更した。超絶面倒臭かった。

 

コメント

このページにコメントする

 

このページのタグ

Page tag : fist

 

 


Copyright(C) 2005-2019 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.