aphorism:装置が互いに接続できるように設計されていなければ‥‥‥ - project-enigma

aphorism:装置が互いに接続できるように設計されていなければ‥‥‥

>> Site top >> Aphorisms >> aphorism:装置が互いに接続できるように設計されていなければ‥‥‥

最終更新日付:2014/01/10 18:50:09

あるアナロジーで考えてみよう。現実の世界では、様々な装置をコードで結ぶことが頻繁にある。そして、プラグにはほとんど無限の標準があるように見える。しかし、プラグで最もはっきりしていることは、装置が互いに接続できるように設計されていなければ、2つの装置を接続できないように意図的に設計されていることである。そして、装置は正しい方向にしか接続できない。電気かみそりを高電力ソケットに接続することはできない。もしそのようなことができたら、かみそりか、かみそりを使っている人を黒焦げにしてしまうだろう。互換性を持たないハードウェアを接続できないようにするということについては、かなりの工夫がなされている。互換性のないプラグを使う以外の方法としては、接続相手に起因する望ましくない動作から装置が自らを守るための装置を使うというものがある。サーチプロテクタはその良い例である。“プラグ互換性レベル”では完全な互換性を保証することはできないので、様々な入力に動的に対応したり、それらから動的に身を守る回路を使ったより高価な保護機能が必要になる場合がある。[p-831]

プログラミング言語C++第3版 [Stroustrup,1998] P-831

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.