PPLKB-08:【C/C++】POL プロジェクトで Notification を使う方法 - project-enigma

PPLKB-08:【C/C++】POL プロジェクトで Notification を使う方法

>> Site top >> Misc >> In my palm >> Palm開発情報 >> PPLKB-08:【C/C++】POL プロジェクトで Notification を使う方法

最終更新日付:2014/01/01 00:00:00

POL プロジェクトで Notification を使う方法

概要

このページでは、CodeWarrior で POL を使用した プロジェクトで Notification を利用する方法について説明します。

POL は、直接的には Notification をサポートしていません。なぜなら、アプリケーションに Notification を通知するラウンチコード sysAppLaunchCmdNotify をハンドリングするように実装されていないからです。そのため、DEFAULT_STARTER マクロのプリプロセッサ出力を展開し、その中に手作業で Notification のハンドリングを追加する必要があります。

 

手順

  1. Starter.cpp を右クリックし、表示されるコンテキストメニューから「プリプロセス」を選択します。新たなウィンドウが表示され、プリプロセッサの出力が表示されるはずです。

 

  1. プロプロセッサの出力の最後に、DEFAULT_STARTER マクロから展開された PilotMain 関数が存在するので、その部分を選択し、コピーします。

 

  1. Starter.cpp の DEFAULT_STARTER マクロをコメントアウトし、そのすぐ下にコピーした PilotMain 関数を貼り付けます。この時点で、プリプロセッサ出力のウィンドウは閉じても問題ありません。
// Entry point
// DEFAULT_STARTER(CTestAppApp)

UInt32 PilotMain( UInt16 wCmd, MemPtr pParams, UInt16 wFlags ) {

    CTestAppApp palmApp;

    palmApp.m_wCommand = wCmd;
    palmApp.m_pCommandParameters = pParams;
    palmApp.m_wLaunchFlags = wFlags;
    
    Err error = palmApp.AppStart( );
    if( error == 0x0000 ) {
        palmApp.EventLoop( );
        error = palmApp.AppStop( );
    }
    return error;

}

 

  1. PilotMain 関数の冒頭、アプリケーションクラスのインスタンスを作成するコードの直前に、Notification を処理するコードを追加します。ここでは、Notification を処理するクラスユーティリティ NotificationHandler があるものとし、その OnNotify( ) メソッドを呼び出しています。
if( wCommand == sysAppLaunchCmdNotify ) {
    SysNotifyParamType* pNotifyParams = static_cast<SysNotifyParamType*>( pParams );
    return NotifyHandler::OnNotify( pCommandParameters );
}

 

まとめ

概要でも述べたとおり、POL は直接 Notification をサポートしていません。そのため、上記の手順による実装は事実上 POL をバイパスするような形になっています。上記実装における Notification の処理では事実上 POL を使っていません。このような実装が意味を持つのは、通常のアプリケーションとして POL を利用した実装を行い、そこからNotification の登録を行う、といった使い方です。

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.