2005年08月のlog - project-enigma

2005年08月のlog

>> Site top >> weblog >> 月別アーカイブ >> 2005年08月のlog

最終更新日付:2013/11/16 23:43:28


それはどのくらい「開発」か

2005 年 08 月 01 日

Palmware の作成もはや5作目。C++で書いているし、それなりにクラス構成には気をつけているので、クラスの再利用率が高い。クラスを丸ごと再利用できなくとも、設計レベルで再利用する。デザインパターンというほど大袈裟なものでもない。

ところが...である。

Read more

 

「倦」という字をしばし眺めて

2005 年 08 月 01 日

ため息をつく。明らかに倦んでいる。何の話かといえばやっぱり昨夜書いたこと。5作目には新しい挑戦がないのでいまいち回転数が上がっていかないのだ。

昨夜は Jim McCarthy を引き合いに出したので、今日は Edward Yourdon にしておこう。彼は著書「デス・マーチ」の中でこう書いている。ちょっと長いが引用する。

「給料、福利厚生、快適さなどは、プロジェクトの「公衆衛生」のようなものだ。存在しないと不満を感じるが、あるからといって仕事を楽しいと感じることはない。やる気を起こすのは、達成感、良い仕事をしているというプライド、責任感、向上心、自己成長欲なのだ。鍵は、仕事を魅力的なものにすることにある。」

Read more

 

「伽藍とバザール」を読んだ

2005 年 08 月 03 日

ずっと読みたいとは思っていたのだが、邦訳が存在しているとは思わなかった(毎度のネット検索が下手)。そして思いもかけず、それを見つけたのは、あの「青空文庫パーム本の部屋」でだった。

Read more

 

応答:「PipeWorksを遊んでいて」

2005 年 08 月 03 日

開発をやっていて良かったと思えるのは、使って下さる方からご意見を頂いたときだ。今回、「ぱむあん。」じゃ〜なる にて michieru 氏よりご意見をいただいた(2005/08/03 の記事)。伏して御礼申し上げると共に、勝手ながら一部引用させていただいた上で公開の応答をします...というかトラックバックとかいう近未来テクノロジーはよくわかりませんので。

Read more

 

Palm でネット接続を利用したい

2005 年 08 月 04 日

...という思いがちょっとずつ膨らんでいく。

外にいる時。Bluetooth なりなんなりを経由して Palm でネットを利用したい。自宅にいる時でも、無線 LAN で接続できたら楽だ。いちいちパソコンの電源を立ち上げなくてもよくなる。どちらの場合でも、メールも利用できればなお良し。

...しかし。やっぱりしかしである。

Read more

 

モノクロ・低解像度Palmはレガシーか

2005 年 08 月 05 日

縁あって、4月から Palmware の開発をしている。内容が内容だけに、カラー表示が必須のものばかり作ってしまった。また、4作目では High Density 表示にも挑戦してみた...結果としてモノクロデバイスや低解像度デバイスのサポートはどんどん薄くなっていった。

Read more

 

昨日の夕方の話ですが

2005 年 08 月 06 日

18:20頃。時間が少し空いたので築地の Starbucks Coffee で時間をつぶす。例によって例のごとく Tungsten T5 と折り畳み式の Wireless Keyboard。この文章を書きながら、自分の Palm の使い方を改めて思い知った。

一言で言ってしまえば、どこでもエディタ。これに尽きる。一番使用頻度が高いのはメモ帳とToDoだ。次いでスケジュール。アドレス帳は一番使用頻度低いかもしれない。

Read more

 

ひさびさにお出かけ

2005 年 08 月 06 日

といっても MobilePLAZA へ。

初めて LifeDrive を触った。確かにディスクアクセスで少しもたつくが、思っていたほどではない。逆にデバイスの厚みは想像以上だった。ありゃ分厚いわ。あとは T|T3 のUsed があった。T|C はさすがにないな...結局何も買わず。いや、買うつもりで出かけたわけではないのだけど。

Read more

 

Treo670 に関するうわさを聞いて

2005 年 08 月 08 日

PalmFan の 8/8 の記事を読んで。ひとまず、別 OS の画面や操作中の動画を Palm ハンドヘルドで表示・再生しているところを撮影すればフェイクが実現できるかな...と思った。が、それはそれとして。

実際問題、このうわさが本当かどうかはわからないし、それについてどうこういう立場でもない。自分にとって問題なのは、Palm OS 以外のOSで提供されるハンドヘルド(オーガナイザーもスマートフォンも含む)が Treo や Tungsten などといった名前で出た場合、それらに対してどう接すべきか、ということだ。

Read more

 

ハードなボタン

2005 年 08 月 08 日

mpuz で使ったハードウェアボタンのトラップメカニズムを再利用したが、妙な動きをするようだ。mpuz で解決できなかった問題と関係があるかもしれない。

Read more

 

僕が実用Palmwareを書かないワケ

2005 年 08 月 11 日

書くつもりがないワケではない。書きたくないワケでもない。動機がないのだ。ご存知のとおり、Palm の世界には豊富なソフトウェア資産があるから、たいていのニーズは既存の Palmware でコト足りてしまう。この点については偉大な先人たちに対して唯々感謝の一言である。自分はといえば、奇妙なところで貧乏性なせいか標準の PIM アプリでほぼ満足してしまうし、他の置き換えアプリを使えばそれこそ御の字になってしまうのだ。さらにマズいことに、満たされない部分は自分のほうを現状に適応させてしまうところがある。そんなわけで動機がない。動機がないものを書くほど余裕のある人生でもない。

Read more

 

Life for? for Life?

2005 年 08 月 11 日

ゆっくりと文章をタイプする時間もない。なぜにこんなに忙しいのか。無駄に忙しい人生というのも考えものだ。今日はたまたま会合待ちで時間が開いたのでスターバックスでこれを書いている。なぜだかスターバックスばかり登場するが、実は自分は珈琲が飲めないお子様。でもそんなことはどうでもよい。久しぶりに自分のサイトのことを考える。そういえばウチは Palmware 専門のサイトではなかったよな。Palmware 以外の作品、結局作りかけで放置状態だ。嗚呼。

結局のところ、普通に大人の責任背負って一人前に働いていたら、それ以外のことをあれもこれも満足にできるわけがないのだ。今さら書くようなことでもないが、なんとなくそれを痛感した次第。自分のように 30 にもなって独身の半端者でさえそうなのだ。きちんと家庭を持ち、子を育てている人が定期的に開発をしたりサイトを維持しているのを見ると、これはもう賞賛に値するという他ない。

Read more

 

ふりまわす雨

2005 年 08 月 12 日

暑さに弱い。ゆえに夏は食欲がない。さらにはひとり者でバイク通勤なものだから当然のごとく夕食は帰りに道すがら適当なところで済ませるわけです。今日もそうでした。昨日も一昨日もそうでしたけど。そんなわけで浅草あたりの店で夕食を済ませ、さて帰るかと店の外に出たわけです。

雨が降り始めているではありませんか。

Read more

 

再びハードなボタン

2005 年 08 月 13 日

ハードボタンだけで操作できること ── これを突き詰めようと考えると結構大変だったりする。あ、ちなみに先日のバグらしき挙動は解決した。

Read more

 

【Bluetooth】 学習記録

2005 年 08 月 15 日

学習記録というのもなんだか変だけれど、この夏休みを利用して本をまとめ読みするぞ、と意気込んで選んだのが Bluetooth の書籍だった。ひとまず興味のある技術だし、Bluetooth 対応 Palmware というのも書いて見たい(気がする)のだ。そんなわけで、以後ちょっとずつまとめてみることにする。開発に直接関係ないくらい低水準のトピックも書くけれど、まぁ基礎知識ってことで。

Read more

 

【Bluetooth】 2.4GHz帯

2005 年 08 月 15 日

Bluetooth が使用している周波数帯域。この周波数帯は国際的な取り決めにより、世界のどこの国でも免許なしで利用できるらしい。この周波数帯の利用に関する条件としては、

とのこと。

Read more

 

【Bluetooth】 周波数ホッピング・スペクトラム拡散無線方式

2005 年 08 月 15 日

スペクトラム拡散というのは、何らかの規則をもとに対象の周波数帯域を分割して使用することをいうらしい。具体的には、パケットがある周波数帯で送信されると、次のパケットを送信するために別の帯域が選択される。これを繰り返すことで、通信のためのパケットは対象の周波数帯域に拡散して送信される。これを周波数ホッピング・スペクトラム拡散(FHSS)という。

Read more

 

【Bluetooth】 マスターとスレーブ

2005 年 08 月 15 日

Bluetooth による通信リンクでは、必ず一方が「マスター」、もう一方が「スレーブ」となる。スレーブが複数の場合もあり。マスターは何らかの特権を持つものではなく、単に周波数ホッピング・スペクトラム拡散通信の同期に責任を持つだけのものである。通常は通信を開始したデバイスがマスターとなる。マスターはBluetoothデバイス・アドレスをもとに周波数ホッピングパターンを決定し、ホッピング・シーケンスを主導する。スレーブはそれに歩調を合わせて周波数ホッピングを行う。

マスターとスレーブの概念は低レベルの通信で使用されるものであり、通常アプリケーションレベルでは対等であるらしい。

Read more

 

ビバ! TextTool!!

2005 年 08 月 15 日

帰省中なので今は実家にいる。実家のPCは最近新調したためとても快適なのだが、当然手元の Palm と Hotsync などできようはずもない。昨夜布団の中で T|T5 & Wireless keyboard でタイプしたテキスト。今日になってからアップするのに PC で全部打ち直してからアップするという2度手間をやらかしてしまった。なんとかして Palm 内のメモデータを PC に転送できないものだろうか...

Read more

 

【Bluetooth】 ピコネット

2005 年 08 月 15 日

1台のマスターとそれに接続する1台または複数台のスレーブの集まりをピコネットと呼ぶ。マスターは1つのピコネットにつき1つしか存在しない。

Read more

 

【Bluetooth】 適応送信電力

2005 年 08 月 15 日

基本的には、電力消費量を抑えるための機能。「受信信号強度表示(RSSI : Received Signal Strength Indicator)」を利用し、この値が一定の範囲を超えた場合に受信側が送信側に対して出力の調整を依頼することができる。

具体的には、2台のデバイスが非常に近接していれば互いに送信出力を下げることができるし、逆に離れていれば出力を上げる必要がある。その調整を行うための機能。

Read more

 

【Bluetooth】 スキャッタネット

2005 年 08 月 15 日

あるデバイスが複数のピコネットにスレーブまたはマスターとして参加する場合、それらのピコネットは全体としてスキャッタネットを構成するという。

スキャッタネットを構成するそれぞれのピコネットの周波数ホッピングのパターンは独立している。

Read more

 

【Bluetooth】 プロトコル・スタック・コンポーネント

2005 年 08 月 15 日

Bluetooth 仕様のコア部分で定義されているプロトコル・スタックは以下の3つのコンポーネントに分類される。

Read more

 

【Bluetooth】 トランスポート・プロトコル・グループ

2005 年 08 月 16 日

デバイス同士の相互認識、物理リンクおよび論理リンクの確立のためのプロトコル群。3つのプロトコルグループ内では最も下位に位置する。このグループには、無線、ベースバンド、リンク・マネージャー、ロジカル・リンク・アダプテーション、ホスト・コントローラ・インタフェイス( HCI )が含まれる。それぞれの詳細については別途記述する(しないかもしれない)。

Read more

 

【Bluetooth】 ミドルウェア・プロトコル・グループ

2005 年 08 月 16 日

アプリケーションがBluetoothリンク上で動作するための追加的なトランスポート・プロトコルで構成されるグループ。 このグループには、既存の業界標準のプロトコルとして PPP, IP, TCP や IrDA(赤外線通信)互換のオブジェクト交換プロトコルなどがある。また、Bluetooth 独自のものとしては RFCOMM と呼ばれるシリアルポート・エミュレータ・プロトコル、TCS と呼ばれるテレフォニー・コントロールのためのプロトコル、他のデバイスのサービスを発見し、アクセス方法を確認するためのサービス・ディスカバリ・プロトコルなどがある。

Read more

 

【Bluetooth】 アプリケーション・プロトコル・グループ

2005 年 08 月 16 日

このグループは、実際に Bluetooth 接続を利用するアプリケーションで構成される。既存旧来のアプリケーションを Bluetooth 対応にする場合など、このレベルがより下位の Bluetooth プロトコルをまったく意識しないこともあるらしい。

Read more

 

【Bluetooth】 L2CAP層

2005 年 08 月 16 日

「ロジカル・リンク・コントロール・アンド・アダプテーション・プロトコル層」の略らしい。トランスポート・プロトコル・グループに属し、データ転送系のアプリケーションのトラフィックはこの層を経由して転送される。

この層はそれよりも低位の層を見えなくするため、より上位の層は低レベルの周波数ホッピングや無線インタフェイス関連について意識しないですむ。

Read more

 

【Bluetooth】 リンク・マネージャ層

2005 年 08 月 16 日

リンク・マネージャは、リンク・マネージャ・プロトコルを使用してBluetooth無線インタフェイスの特性を擦り合わせる。この特性には、データトラフィック用のサービス・グレードをサポートするための帯域幅割り当てと、オーディオ・トラフィックをサポートするための周期的帯域幅予約が含まれる。

Read more

 

【Bluetooth】 ベースバンド層・無線層

2005 年 08 月 17 日

ベースバンド層は Bluetooth の無線インタフェイスを規定している。この層はデバイスの検索や接続、マスター/スレーブの決定の方法などを定義する。

また、デバイス間の周波数ホッピング・シーケンスを定義し、複数のデバイス間や同期・非同期のトラフィック間で無線インタフェイスを共有する方法を定義している。これらをサポートするパケット形式と共にエラー検出、暗号化、再送などの方式も定義する。

マスターとスレーブの概念は、この層までで処理され、リンクマネージャより上位の層には影響を及ぼさない。

Read more

 

【Bluetooth】 HCI 層

2005 年 08 月 17 日

HCI とは、「ホスト・コントローラ・インタフェイス」の略。HCI 層は通常 L2CAP 層の下に位置し、ベンダー間や Bluetooth モジュール間の非互換性を吸収するため、アプリケーションを含む上位の層から共通して利用できるインタフェイスを提供する

Read more

 

【Bluetooth】 RFCOMM 層

2005 年 08 月 17 日

ミドルウェア・プロトコル・グループに属するRFCOMM 層は、「シリアルケーブルを代替する」という Bluetooth の目標(の1つ)を実現するためにシリアルポート・エミュレーションを定義している。これによって、アプリケーションに対して「仮想シリアルポート」が提供されるため、旧来のシリアル通信を使用したアプリケーションを Bluetoothに移行することが容易になる。

RFCOMM は欧州電気通信標準化機構(ETSI : European Telecommunications Standards Institute)TS 07.10 標準に準拠している(らしい)。この標準は単一のシリアル・リンク上での多重シリアル通信を定義したもので、Bluetooth ではこの標準のサブセットの上に Bluetooth 独自の対応機能を定義している。

Read more

 

【Bluetooth】 IrDA 互換プロトコル群

2005 年 08 月 17 日

IrDA は、「赤外線データ通信協会(Infrared Data Association)」のことらしい。IrDA は赤外線通信においてデータを交換・同期させるためのプロトコルを定義している。ミドルウェア・プロトコル・グループに属する IrDA 互換プロトコル群は、Bluetooth にIrDA との互換性をもったデータ交換機能を提供するために定義されている。

IrDA による赤外線オブジェクト交換(IrOBEX または OBEX)プロトコルでは、vCard 形式、vMessage 形式、vCal 形式、またはその他のオブジェクトの交換が可能。

Read more

 

【Bluetooth】 SDP 層

2005 年 08 月 17 日

SDP は、「サービス・ディスカバリ・プロトコル」の略で、Bluetooth のような動的なアドホック・ネットワークにおいて柔軟にサービスを検索するするための手段を提供する。SDP 層はミドルウェア・プロトコル・グループに属する。

SDP は、Bluetooth による通信リンクが確立した後のステップとして利用可能なサービスを発見するための方法、またどのようなサービスを提供しているかを他のデバイスに提示するための方法を定義している。

Read more

 

【Bluetooth】 TCS 層

2005 年 08 月 18 日

TCS とは、「テレフォニー・コントロール・スペシフィケーション」の略。この層はミドルウェア・プロトコル・グループに属し、コール制御やグループ管理を含む電話機能をサポートする。

Read more

 

【Bluetooth】 ネットワーキング層

2005 年 08 月 18 日

Bluetooth は、ピア・ツー・ピアのネットワーク・トポロジーを採用しているため、直接大規模なネットワークに接続することはできない。しかし、ダイアルアップ接続やアクセスポイント経由でネットワークに接続することが可能。そのためのプロトコル群がミドルウェア・プロトコル・グループで定義されている。

Read more

 

【Bluetooth】 Bluetooth 無線について再び

2005 年 08 月 18 日

全世界で利用可能な 2.4GHz 帯は ISM(Industrial Scientific and Medical)バンドと呼ばれている。これは、産業、科学、医療分野向けの通信機器のための免許不要の周波数帯。

Read more

 

【Bluetooth】 リンク・コントローラ

2005 年 08 月 19 日

リンク・コントローラはベースバンド通信プロトコルとそれに関連するプロセスを実行する。ベースバンドの主要な機能としては、接続の確立、周波数ホッピング・シーケンスの選択などの制御、出力制御やセキュリティなどのオペレーション・モード、ポーリング、パケット・タイプ、パケット処理、リンクタイプなどのメディア・アクセス機能など。

Read more

 

【Bluetooth】 再びピコネットについて

2005 年 08 月 19 日

ピコネットとは、それに参加するデバイスによって動的に構成される共有の通信チャネルを意味する。この通信チャネルは、Bluetooth 無線が動作する FHSS 空間において定義された周波数ホッピングのシーケンスによって構成される。ピコネットの参加デバイスは同期して、マスターが主導する周波数ホッピングに追随する。ピコネットは必要に応じて動的に形成され、参加デバイス同士が通信を必要とする限り存続する。ベースバンド・オペレーションは、ピコネットの周波数ホッピング・シーケンスの作成やスレーブによるその認識とピコネットへの参加などといった一連の動作、およびデバイス間でパケットを送受信する方法を定義している。

Read more

 

Codewarrior 環境が連続自動リセット

2005 年 08 月 19 日

...なんですよ。止まらなくなってしまった。 

起動・ログイン後、しばらくすると自動リセット...の繰り返し。はてさて、何がいかんのか。現在、ディスクを引っこ抜いて別のPCでディスク検査中。

データは救えているので、考えようによってはディスク障害の方が嬉しい。それだったら新しいHDD買ってきて再インストールだけで済む。それ以外の部品 ── CPU とかマザーボード自体とか ── だったら面倒だ。あぁ面倒だ。今すっごい開発がノリノリなのにぃ。

Read more

 

原因不明・放置決定

2005 年 08 月 20 日

現在作成中の5作目 Palmware では、線を2本描画する必要があった。対象の Form である MainForm に CFrame クラスのオブジェクトメンバを2つ用意する。

class MainForm : public CForm {
    //(略)
private:
    CFrame m_frameLine1;
    CFrame m_frameLine2;
};

Read more

 

PC 1 号機が逝去

2005 年 08 月 21 日

...いたしました。

Codewarrior 環境(2号機)の方が調子悪かったので油断していた。1号機が先に壊れるとは...ひとまずディスクからデータは救えたので良かった。しかし、どこがダメになったのかがわからんと直しようがない... しかしあれだ。何故にこうもハード運が悪いのか?

Read more

 

不幸ノ追イ討チ

2005 年 08 月 21 日

またまた PC 1 号機の話。

ふと気づいた。マザーボードの警告音。「メモリが認識できない」...試しに2号機のメモリを代わりにさしてみようか。と思った。

Read more

 

【Bluetooth】 デバイスの動作状態

2005 年 08 月 22 日

Bluetooth デバイスの動作状態には、以下の4つがある。

Read more

 

【Bluetooth】 Bluetooth デバイス・アドレス(BD_ADDR)

2005 年 08 月 23 日

Bluetooth デバイス・アドレス(BD_ADDR)は、Bluetooth デバイスに電子的に刻印された 48 ビットのアドレスで、大域的に一意となっている。これは、IEEE 802.xx LAN デバイスの MAC とよく似ている。

Read more

 

【Bluetooth】 Bluetooth クロック

2005 年 08 月 24 日

Bluetooth デバイスは、それぞれが独自に28ビットクロックを持っている。このクロックは調整されたりオフになったりすることはない。このクロックは毎秒 3,200 回、すなわち、周波数ホッピングの毎秒 1,600 回の 2 倍となっている。

Read more

 

F**ckin FTTH

2005 年 08 月 24 日

昨夜より、自宅にひいている FTTH 回線がつながらなくなった。3 台ある PC すべてがいっぺんにつながらなくなったため、おそらくは宅内には問題ないのだろうが、一応 LAN ケーブルを取り替えたりハブを介したPC間の疎通は確認しておく。問題なし。あと考えられるのは光ファイバから向こうの問題だろう。

Read more

 

FTTH 再び

2005 年 08 月 24 日

あれだけ言ったにも関わらず「申し訳ありません修理は 8/25 の夕方になりますホントに申し訳ございません」をリカチャン電話のように繰り返したFTTHプロバイダの担当某氏。19:30 頃電話をかけてきて、「なんとか手配できました。直ってると思いますので確認していただけませんか」ときたもんだ。

で、帰宅後確認...直ってるよ。直ってるけどさ。電話して礼も言ったよ。言ったけどさ、なんだろうこの気分の悪さは?

Read more

 

便利そうな上に楽しそう

2005 年 08 月 26 日

右脳先生のこのエントリを見てビシバシと欲しくなってしまった。英辞郎と WDIC って組み合わせてそんなに便利に使えるんだ!? これは買いだろ英辞郎。

Read more

 

殺生と業と罪

2005 年 08 月 27 日

せっかく出かけたのだが何も収穫を得られぬままバイクにまたがって帰宅する途中、ぼんやりと考えた。何故人を殺すことは罪なのだろう?

念のために言っておくと、別にそこに深刻に疑問を持っているわけではない。これはある種の判断止揚 ── フッサール現象学におけるエポケーのようなもの ── である。自明なことを敢えて疑問に付し、追い詰めてみるのだ。「それは確かに自明に思えるが、しかし何故か」と。

Read more

 

Turn Off & Lock でDB破壊

2005 年 08 月 27 日

5作目。何気なくやったことでバグを見つけてしまった。

Read more

 

Turn Off & Lock でDB破壊 -【解決】

2005 年 08 月 28 日

ソースコードを眺めて考える振りをした後、適当に理由をでっち上げて修正したら直ってしまった...わけがないじゃないか。ソースをイジるときはそれなりの根拠があってやるわけですよ。えぇ、直しましたとも。

Read more

 

5作目ベータ版リリースに向けて

2005 年 08 月 30 日

ここんとこ必死こいて穴埋め作業をしています。ドキュメントも書いてます。なので更新が滞ります。そもそも普段から一般ウケする内容を書いてないのであまり気にしませんが。

目指すは今週末ベータ版リリース。もともとは8月中に Version 1.0 リリースの予定でした。嗚呼遅れている。

Read more

 

5年前の作品

2005 年 08 月 31 日

以前の職場から連絡があった。

昔、自分が作ったプログラムがどうも上手く動かないらしいという。あまり大きな声ではいえないが、ソースコードは手元にもある。見てみると、2000年作成。5年前だ。

Read more

 

デザインにコト挙げする!

2005 年 08 月 31 日

この文章は、半年くらい前にどこかに書いたもの。たまたま見かけたので、こっちにも載せとくことにする。

Read more

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.