Palm OS Programmer’s Companion Volume I/1-6 - project-enigma

Palm OS Programmer’s Companion Volume I/1-6

>> Site top >> Misc >> In my palm >> Palm開発ドキュメントの和訳 >> Palm OS Programmer’s Companion Volume I >> Palm OS Programmer’s Companion Volume I/1-6

最終更新日付:2014/01/01 00:00:00

← 5 節に戻る ↑1 章トップへ

1-6 次に読むべきもの

 

この章では、Palm OS アプリケーション開発に関連する一般的な概要を示すに留めました。特定のトピックについて詳細を学びたければ、以下の情報源を参照して下さい。

 

本書

この本の残りの部分では、Palm OS SDK を使用して一般的なアプリケーションの機能を実装する方法の詳細を提供しています。Palm OS プログラミングが初めてであれば、続く2章を読んで Palm OS アプリケーションのデザイン規則や main 関数の実装の仕方、標準的なイベントループの実装の仕方について学ぶ必要があるでしょう。それよりも後の章は必要に応じて読めば良いでしょう。

 

サンプルアプリケーション

SDK には、Palm ハンドヘルドで動作するアプリケーションの実際のソースコードがサンプルとして含まれています。これらのサンプルコードは、実際にアプリケーションを開発する上で非常に役に立つでしょう。Palm OS SDK には著作権使用料が課されないライセンスが提供されているため、サンプルコードの一部または全部をアプリケーション開発に利用することができます。

 

「Palm OS Programming Development Tools Guide」

「Palm OS Programming Development Tools Guide」では、プログラムをデバッグするためのツールの使用について詳細に説明しています。( 本書の「15 デバッグ戦略」 も興味を引くかもしれません。この章では、プログラム的にデバッグを行う方法について説明しています。)

 

「Palm OS Programmer’s API Reference」

API リファレンスでは、全ての公開されているデータ構造と API コールについて詳細に説明しています。

 

「Palm OS User Interface Guidelines」

Palm OS User Interface Guidelines」では、Palm 標準に沿ったユーザーインターフェース作成のための詳細なガイドラインを提供しています。アプリケーションのインターフェースデザインを始める前に、この本を読んでおくべきです。

 

コンジット開発キットとそのドキュメント

アプリケーションにコンジットが必要なのであれば、コンジット開発キット(CDK)に含まれるドキュメントを参照して下さい。

 

 

 

← 5 節に戻る ↑1 章トップへ

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.