Palm OS Programmer’s Companion Volume I/14-2 - project-enigma

Palm OS Programmer’s Companion Volume I/14-2

>> Site top >> Misc >> In my palm >> Palm開発ドキュメントの和訳 >> Palm OS Programmer’s Companion Volume I >> Palm OS Programmer’s Companion Volume I/14-2

最終更新日付:2014/01/01 00:00:00

← 1 節に戻る ↑14 章トップへ 3 節に進む →

14-2 ARM ネイティブサブルーチンの使用

 

プロセッサに高い負荷がかかる 68K アルゴリズムがある場合、ARM ネイティブのサブルーチンを作成することで Palm OS Garnet 上での 68K アプリケーションのパフォーマンスを向上させられる場合があります。

ARMネイティブサブルーチンPACEネイティブオブジェクトあるいはPNOとも呼ばれます)は、独立したアプリケーションではなく、68Kアプリケーションからサブルーチンとして呼出すことのできる ARM ネイティブの関数です。ARM ネイティブのサブルーチンにより、ARM ベースなハードウェアの処理能力を最大限に活用することができます。

図 14.2 に、68Kアプリケーションがどのようにして ARM ネイティブのサブルーチンをコールするかを示します。

図 14.2 PceNativeCall を使用した ARM ネイティブサブルーチンのコール

 

 

 

 

← 1 節に戻る ↑14 章トップへ 3 節に進む →

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.