Palm OS Programmer’s Companion Volume I/14-6 - project-enigma

Palm OS Programmer’s Companion Volume I/14-6

>> Site top >> Misc >> In my palm >> Palm開発ドキュメントの和訳 >> Palm OS Programmer’s Companion Volume I >> Palm OS Programmer’s Companion Volume I/14-6

最終更新日付:2014/01/01 00:00:00

← 5 節に戻る ↑14 章トップへ

14-6 サンプルファイルの概要

 

ARM ネイティブプログラミングに関する以下のサンプルは SDK に含まれています。

 

ARM ネイティブサブルーチンのサンプルファイル

68KアプリケーションからARMコードを呼出すサンプルのファイルを表 14.2 に示します。

表 14.2 68K からの ARM 呼出しのサンプルファイル

ファイル名 用途
armlet-simple.c
armlet-simple.bin
68Kアプリケーションからポインタを渡す方法を示す簡単な ARM ネイティブサブルーチン。
armlet-oscall.c
armlet-oscall.bin
例として MemPtrNew を使用し、Palm OS API 関数の呼び出し方を示す ARM ネイティブサブルーチン。
armletendianness_and_alignment.c
armletendianness_and_alignment.bin
データを正しく4バイト境界に揃える方法を示す ARM ネイティブサブルーチン。
endianutils.h バイトスワップによるエンディアンの変換と 4 バイトアライメントの補正を行なうマクロ。armlet-oscall.c および armletendianness_and_alignment.c で使用。
example_data_type.h ユーザー定義構造体のサンプル。armletendianness_and_alignment.c で使用。

 

Windows DLL のサンプルファイル

Palm OSシミュレータでARMネイティブサブルーチンをテストするためのDLLをビルドするためのサンプルファイルを表 14.3 に示します。背景となる情報については"Test the ARM-Native Subroutine"を参照して下さい。

表 14.3 Palm OS でテストするための Windows DLL サンプルファイル

ファイル名 用途
Simple.dsp DLLをビルドするための Visual Studio プロジェクトファイル
SimNative.cpp DLL の主要なソースファイル
SimNative.h DLL のエクスポート関数を定義するヘッダファイル
StdAfx.cpp プリコンパイラのヘッダファイルとプリコンパイル済みのタイプファイルをビルドするための C++ ソースファイル
StdAfx.h StdAfx.cpp が使用するヘッダファイル

 

 

 

← 5 節に戻る ↑14 章トップへ

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.