Palm OS Programmer’s Companion Volume I/16 - project-enigma

Palm OS Programmer’s Companion Volume I/16

>> Site top >> Misc >> In my palm >> Palm開発ドキュメントの和訳 >> Palm OS Programmer’s Companion Volume I >> Palm OS Programmer’s Companion Volume I/16

最終更新日付:2014/01/01 00:00:00

← 15 章に戻る ↑トップへ

16 標準 I/O アプリケーション

 

Palm OS は、デバッグや通信ユーティリティのような特殊目的のために、コマンドライン(UNIX スタイル)アプリケーションをサポートしています。これは一般的なユーザーを想定したものではなく、開発者向けのものです。この機能は Palm OS に実装されているものではなく、アプリケーションにリンクしなければならない追加の C モジュールです。

NOTE

この標準 I/O 機能とファイルストリーミング API を混同しないように注意して下さい。これらは互いに無関係です。

標準 I/O アプリケーションには、2つの重要なポイントがあります。

標準 I/O アプリケーション本体

標準 I/O アプリケーションは通常の Palm アプリケーションとは異なるもので、コマンドラインから実行され、最小限のユーザーインタフェイスしか備えていません。標準入力(キーボードなど)からの文字列入力を受け取り、標準出力ウィンドウへ文字列を出力することができます。

標準 I/O プロバイダアプリケーション

標準 I/O プロバイダアプリケーションは、標準 I/O アプリケーションの実行と出力の確認をするための重要なアプリケーションです。標準 I/O プロバイダはテキストフィールドを備えた通常のアプリケーションで、このフィールドを使用して標準 I/O アプリケーションを実行するためのコマンドを入力することができます。また、このフィールドは実行中のアプリケーションによる出力を表示するための標準出力ウィンドウとしても使用されます。

これら2種類のアプリケーションの作成に関する詳細は、以下のセクションで説明します。

※訳注

原著では配下のセクションを全て列挙していませんが、各章のトップページに配下のセクション一覧を提示する方式でページを構成しているため、以下に付記します。

 

 

 

← 15 章に戻る ↑トップへ

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.