Palm OS Programmer’s Companion Volume I/2-9 - project-enigma

Palm OS Programmer’s Companion Volume I/2-9

>> Site top >> Misc >> In my palm >> Palm開発ドキュメントの和訳 >> Palm OS Programmer’s Companion Volume I >> Palm OS Programmer’s Companion Volume I/2-9

最終更新日付:2014/01/01 00:00:00

← 8 節に戻る ↑2 章トップへ 10 節に進む →

2-9 起動コードの要約

 

表 2.1 に全ての Palm OS の標準起動コードを示します。これらの起動コードはヘッダファイル SystemMgr.h で宣言されています。起動コードのパラメータは全て単一のパラメータブロックとして渡され、結果は同じパラメータブロックで戻されます。

表 2.1 Palm OS の起動コード

起動コード リクエスト
scptLaunchCmdExecuteCmd 指定されたネットワークログインスクリプトプラグインコマンドを実行します。
scptLaunchCmdListCmds ネットワークスクリプトプラグインが実行するコマンドの情報を提供します。
sysAppLaunchCmdAddRecord データベースにレコードを追加します。
sysAppLaunchCmdAlarmTriggered 次のアラームをセットしたり、アラーム音を鳴らすような短いアクションを実行します。
sysAppLaunchCmdAttention アテンションマネージャによって要求されたアクションを実行します。
sysAppLaunchCmdCardLaunch アプリケーションを起動します。この起動コードはアプリケーションが拡張カードから実行されていることを示しています。
sysAppLaunchCmdCountryChange 国情報の変更に応答します。
sysAppLaunchCmdDisplayAlarm 指定されたアラーム画面を表示したり、時間のかかるアラーム関連のアクションを実行します。
sysAppLaunchCmdExgAskUser エクスチェンジマネージャ経由でデータを受信するかどうかをユーザーに確認する画面の表示をアプリケーションが置き換えられるようにします。
sysAppLaunchCmdExgGetData エクスチェンジマネージャを使ってデータを送信するようにアプリケーションに通知します。
sysAppLaunchCmdExgPreview エクスチェンジマネージャを使ってプレビュー画面を表示するようにアプリケーションに通知します。
sysAppLaunchCmdExgReceiveData エクスチェンジマネージャを使ってデータを受信するようにアプリケーションに通知します。
sysAppLaunchCmdFind 文字列の検索を行ないます。
sysAppLaunchCmdGoTo 特定のレコードに移動してそれを表示し、オプションとして指定されたテキストを選択します。
sysAppLaunchCmdGoToURL アプリケーションを起動して URL を開きます。
sysAppLaunchCmdHandleSyncCallApp アプリケーションのコンジットの指令によってアプリケーション固有の処理を行ないます。
sysAppLaunchCmdInitDatabase データベースを初期化します。
sysAppLaunchCmdLookup データの検索を行ないます。sysAppLaunchCmdFind とは対照的に、暗黙に間接的なレベルの検索です。例えば、名前に関連付けられた電話番号を検索します。
sysAppLaunchCmdNormalLaunch 通常の起動を行ないます。
sysAppLaunchCmdNotify ノティフィケーションのブロードキャストを行ないます。
sysAppLaunchCmdOpenDB アプリケーションを起動してデータベースを開きます。
sysAppLaunchCmdPanelCalledFromApp プリファレンスアプリケーションからではなく、アプリケーションから呼び出されたことをプリファレンスパネルに伝えます。
sysAppLaunchCmdReturnFromPanel プリファレンスが呼び出された後、アプリケーションが再起動されることを伝えます。
sysAppLaunchCmdSaveData データを保存します。検索オペレーションの直前などに使用されます。
sysAppLaunchCmdSyncNotify HotSync が完了したことをアプリケーションに通知します。
sysAppLaunchCmdSystemLock セキュリティアプリケーションに対し、システムをロックダウンするように要求します。
sysAppLaunchCmdSystemReset システムリセットに応答します。この起動コードでは UI の表示は認められていません。
sysAppLaunchCmdTimeChange システムの時刻変更に応答します。
sysAppLaunchCmdURLParams Web クリッピングアプリケーションビューワからパラメータ付きでアプリケーションを起動します。

 

 

 

← 8 節に戻る ↑2 章トップへ 10 節に進む →

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.