Palm OS Programmer’s Companion Volume I/4-7 - project-enigma

Palm OS Programmer’s Companion Volume I/4-7

>> Site top >> Misc >> In my palm >> Palm開発ドキュメントの和訳 >> Palm OS Programmer’s Companion Volume I >> Palm OS Programmer’s Companion Volume I/4-7

最終更新日付:2014/01/01 00:00:00

← 6 節に戻る ↑4 章トップへ 8 節に進む →

4-7 テーブル

 

テーブルは複数カラムの表示をサポートします。例としては、以下のものがあります。

テーブルオブジェクトは、いくつかの種類の UI オブジェクトを統合するために使用されます。行数と列数はそれぞれのテーブルオブジェクトで指定されなければなりません。テーブルのセル内部には UI オブジェクトを配置することができます。テーブルの行あるいは列は、時には同じオブジェクトで構成されます。例えば、ある列はラベルで、別の列はフィールドといった具合です。テーブルは縦方向にのみスクロールできます。テーブルはビットマップを含むことはできません。

テーブルでテキスト以外の要素を使用する場合、問題が発生する場合があります。例えば、2つの列からなるテーブルがあるとします。最初の列には情報を表示するためのアイコンがあり、2つめの列はテキストです。このテーブルでは、最初の列の要素に対してもテキスト一行分の高さしか選択することができません。アイコンが大きい場合、列の上端の一部分しか選択できないことになります。

 

テーブルのイベント

テーブルオブジェクトは tblSelectEvent を生成します。このイベントには以下のものが含まれています。

tblSelectEvent がテーブルに送られると、テーブルは内部の UI オブジェクトで発生しうる操作を処理するためにイベントを生成します。

 

 

 

← 6 節に戻る ↑4 章トップへ 8 節に進む →

 

 


Copyright(C) 2005-2017 project-enigma.
Generated by CL-PREFAB.